~ちょっと人生にプラスになること~
コラム

【体験談】転職後にギャップを感じるとき【失敗?】

 こんにちは!シンです。

 今回は「転職後にギャップを感じるとき」という内容で書いていきます。

 転職をすると転職前と転職後とで大なり小なりギャップを感じると思います。

 そんなときは「転職に失敗したかな」とか後ろ向きに考えてしまいますが、そういうときの僕なりの対処法をまとめてみましたので参考にしていただければ幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

転職後にギャップを感じる

 転職をした方だと共感していただける場合が多いと思いますが、転職をすると大なり小なりギャップを感じることがあると思います。

 それはある種仕方ないことだと思います。

 転職先の情報というのは転職前ではほとんど入手することが難しいですし、面接での逆質問に関しても遠慮してしまって核心を突く質問ができなかったりもします。

2回の転職を経て思うこと

 僕は2回の転職を経て現在3社目です。

 現職は2021年の4月からなのでまだまだですが、2の転職を経て思うことは「2回の転職どちらもギャップは感じています(笑)」ということです。

 逆にまったくギャップを感じていないという人はいないのではないかと思います。

 ギャップを感じていないという方がいたらそれはその方にとっての天職ですので、是非とも長く続けられた方がいいと思います。

リトル○○に聞く

 サッカーの本田圭佑選手はACミランに移籍する際の記者会見で「リトル本田に聞きました」という返答がありました。

 以下、記者会見から抜粋。

 私のリトルホンダに聞きました。

 「どこのクラブでプレーしたいんだ?」

 心の中のリトルホンダが「ACミランだ」と答えた。

 「リトル本田」というインパクトのあるワードが出てきたので変に聞こえますが、これは単に「自問自答」しているだけではないかと思います。

 自問自答すること自体は特別なことでもないですし、自分を客観的に見つめ直すことができるのでとてもいいことだと思います。

 迷ったときは一度深呼吸して自分の中のリトル○○に聞いてみてはどうでしょうか。

転職前にギャップと感じる情報を知っていたとして転職を考え直すか考えてみる

 実際に転職後にギャップを感じていて「転職が失敗したかも」と考えていたとします。

 僕も転職後はギャップを感じる場面は何度もありました。

 そんなときに僕は「ギャップを感じる情報を転職前に知っていた」ときを考えます。

 例として残業時間についてギャップを感じていたとします。

 転職前の情報では「残業時間が大体10時間」と言われていたとして、「実際には50時間くらいあった」としてそれに関してギャップを感じていたとします。

 転職前の状態で転職先の残業時間が最初から50時間あると知っていたとして転職を考え直すかどうかというのを自問自答します。

 僕の場合2回の転職どちらでも大なり小なりギャップを感じました。

 些細なことを数えれば何度もありました。

 その都度自問自答をしましたが、最終的には「やっぱり転職していただろうなー」という考えに至りました。

転職は一大決心

 転職するということは今後の人生を大きく左右する一大決心です。

 現状の日本で転職を考える人というのは後ろ向きな理由から転職をする人が多いような気がします。
 (恥ずかしながら僕がそうです(笑))

 欧米などでは年収アップなど前向きな理由で転職することも多いでしょうが、日本ではまだまだ転職はそこまでメジャーではないので、「仕方なく転職の道を選ぶ」ということが多い気がします。

 その前提で考えると「転職前の環境が悪いから転職した」ということになります。

 そのため、「転職前の悪い環境」と「転職後のギャップ」を比較してどちらを選ぶか?ということになりますが、僕の場合は毎回「転職後のギャップの方がマシ」という考えに至っていました。

 「転職後のギャップの方がマシ」という表現で分かるようにあまりよくもないですね(笑)

完璧な会社は存在しない

 「完璧な会社は存在しない」

 結局こうなります。

 完璧な会社は存在しないからこそ、自分の中の気持ちと現在の環境とで折り合いをつける必要があります。

 僕はたまたま「転職後のギャップの方がマシ」ということになりましたが、「転職前の方がいい」という人も出てくると思います。

 そうなったとしたら「また転職すればいい」と僕は思います。

 転職は別に回数制限があるわけではないです。

 回数が多くなると不利に働くということもあるかもしれませんが、禁止はされていません。

 実際に僕は1回転職をしてからは「1回転職しようが、2回転職しようが変わらんわ」と考えるようになり、少し気持ちが楽になると共に視野も広くなりました。

 「やれるだけのことをやって満足いかないならまた転職する」

 それくらいでいいと僕は思います。

思いつめない

 「転職先がブラックだったらどうしよう」

 など転職前は色々と悪いことを考えがちですが、結局いくら考えても答えは出ません。

 勤めてみないと分からないことは山ほどあります。

 「考えても答えが出ないならやってみればいい。」

 この言葉は1社目の先輩がよく言っていた言葉で今でもよく思い出します。

 「やってみた後にまた考えればいい」

 やったからこそ見える景色は山ほどあります。

 僕はこれくらい適当に考えながら日々を過ごしています。

あとがき

 「転職後にギャップを感じるとき」について体験談を基に書きました。

 転職した人はみんなギャップは感じていると思います。

 そのギャップについて許容できるなら続ければいいですし、許容できなければまた別の道を探す、くらいで僕は良いと思います。

 思いつめすぎてもストレスになりますし、適度に力を抜いて適当に生きましょう。

 参考になれば幸いです。

 最後までお読みいただきありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

 

ABOUT ME
shin
こんにちは!シンです。 関東在住の30代サラリーマン男性です。 本業はメーカーで設計をしています。 人生をより豊かにできるための情報を発信していけたらいいな、と思いブログを始めました。
スポンサーリンク