コラム

【人間関係に悩みがある人必見】知っておきたい2:6:2の法則

 こんにちは!シンです。

 今回は「知っておきたい2:6:2の法則」という内容で書いていきます。

 結構色々なものに当てはめられるようですが、今回は人間関係を絡めて書いてみました。

別名「働きアリの法則」

 別名「働きアリの法則」とも言われるようです。

 働きアリもすべてのアリが良く働くわけではなく、2割の一生懸命働くアリ、6割は普通に働く、残りの2割はサボるといった具合に分かれます。

 たとえこのサボる2割のアリを除外しても一生懸命に働くアリと普通に働くアリからサボるアリが2割出てくるそうです。

 会社などの組織でも当てはまりそうですね(笑)

人間関係においての2:6:2の法則

いつの時代も人間関係の悩みはつきもの

 人間は絶対に人間関係で悩んだことがあると思います。

 「人間関係で悩んだことないよー」という人は恐らくいないのではないでしょか。

 どんなにテクノロジーが発達しても形を変えて人間関係の悩みは続いていきます。

 むしろテクノロジーが進化したことによってより悩みが多様化してきています。

どこに行ってもいる嫌な奴

 これ、なんでなんでしょうね?(笑)

 絶対いますよね。

 ここは最高だー!と思ったらひょっこり現れるおちゃめさん(笑)

 我々に安住の地はないのか!?と思いたくなりますね。

そんなあなたに2:6:2の法則

 ここで2:6:2の法則が出てきます。

 2:6:2の法則とは自分に対して絶対に嫌う人間が2割、絶対に好きでいてくれる人間が2割、残りの6割が自分の行動次第で好きと嫌いが変化する人間です。

2割は捨てる

 そのことを踏まえて考えると2割の嫌なやつは何をしても嫌ってくることになります。

 「えぇー!?どうしたらいいの?」と思うかもしれませんが、何もしません(笑)

 というより、何もできません。

 だって何しても嫌ってくるので。

 なので諦めて捨てましょう。

 極力関わらないようにすることが良いと思います。

大切なのは残りの2割と6割

 嫌なやつに大切な時間を取られて本来大切にすべきの残りの2割と6割の人と過ごす時間が減ってしまったら本末転倒です。

 嫌なやつに時間を割いても人生は好転しません。

 自分を好きでいてくれる人(2割)や好きになってくれそうな人(6割)と過ごした方が断然人生が充実します。

2:6:2の対象は全世界

 例えば学校で半分の人間が自分のことを嫌っているとします。

 「どこが2割や!5割じゃないか!」と思われるかもしれませんが、2:6:2の対象は全世界です。

 全世界の人間で2割が嫌なやつになります。

 学校という小さい枠での2割ではないことは注意が必要です。

 嫌なやつの2割がその小さな枠に偏っている可能性があります。

 もし、今学校や職場という小さい枠での5割の人間から嫌がらせをされていたとしたら、その他に絶対にいる何をしてもずっと自分のことを好きでいてくれる人のことを考えましょう。

 そしてその嫌なやつに言ってやりましょう「貴様、2割だな」と。
 (いきなり言われても言われた側は意味不明でしょうが(笑))

どんなに嫌なやつにも好きでいてくれる2割

 何でこんなやつに友達がいるんだ!と憤慨する経験が誰にでもあるのではないでしょうか。

 こんなときにも2:6:2の法則です。

 そういう嫌なやつにも2割の好きでいてくれる人間がいるということです。

 裏を返せば2:6:2の法則は平等です。

 そのため、自分には当てはまってないと思う人がいるかもしれませんが、絶対に当てはまります。

 どこかに2割のどんなことをしても好きでい続けてくれる人が絶対にいます。

対応策

一つの場所に固執しない

 先述したように2割の嫌なやつがある場所に偏る場合があります。

 そのため、一つの場所に固執するのは得策ではありません。

 他の場所を自分で探してみましょう。

 今はネットが発達しているので、探そうと思えば簡単に探せます。

 ただし、ネットでは詐欺や事件に巻き込まれる恐れがあることも注意が必要です。

 SNS等で探していて助けを装って近づいてくる人間がいるかもしれません。

 そういうときに限って気持ちに余裕がないのでその助けに縋ってしまいそうになりますが、安易に気持ちを開かない方がいいと思います。

 ここでも助けになりそうな人間一人に固執しないことが大切です。

常に視野を広く

 一つに固執しないことに通じますが、固執、依存、集中、というのは危険な兆候です。

 そうなりそうになったら一旦落ち着いて自分を俯瞰してみることが大切です。

 常に視野を広く余裕を持って行動するように心がけましょう。

常に余裕を持って優雅たれ

 唐突なFateネタです(笑)言った本人は刺されて死んじゃいましたね。

 でも、余裕がないと正常な判断を下せなくなることがあるということは誰もが経験あると思います。

 余裕がないときは一度深呼吸して落ち着きましょう。

 どんなに切羽詰まったときでも深呼吸するくらいの時間は作れるはずです。

まとめ

 今回は2:6:2の法則について書きました。

 僕がこれを知ったときは結構気持ちが楽になりました。

 「どんなに全員に嫌われていたと思っていたとしても絶対に他の場所には何をしても好きでいてくれる人間がいるということが頭にあれば少しは気持ちが楽になるのではないでしょうか。

 こういう考え方は以前書いた「柱を複数用意することが大切な話」という記事にも通じるところがあると思います。

https://shinshinlifeplus.com/pillar-multiple/

 芸能人とかを見ていても2:6:2の法則が当てはまるな、と思うことはあります。

 慈善事業とかをやっている人がいたとしても「売名だ」なんだのと批判する人間が一定数いることを考えれば2:6:2の法則は間違っていないのかな、と思いました。

 参考になれば幸いです。

 最後までお読みいただきありがとうございました。

ABOUT ME
shin
こんにちは!シンです。 関東在住の30代サラリーマン男性です。 本業はメーカーで設計をしています。 人生をより豊かにできるための情報を発信していけたらいいな、と思いブログを始めました。
スポンサーリンク