~ちょっと人生にプラスになること~
勝手に未来予想

勝手に未来予想~水槽の脳編~

 こんにちは!シンです。

 今回は「勝手に未来予想~水槽の脳編~」です。

 前回の「結婚編」が意外と反響をいただいたので、今回は「水槽の脳編」です。

 テクノロジーの進化により「水槽の脳」が現実のものになるのではないかと考えています。

 世界は「思考実験」や「SF映画」の世界が現実になろうとしている気がします。

PVアクセスランキング にほんブログ村

水槽の脳とは

 水槽の脳とは1982年哲学者ヒラリー・パトナムによって定式化された思考実験です。

 一言で表すと「あなたが体験しているこの世界は、実は水槽に浮かんだ脳が見ている夢なのではないか」ということです。

水槽の脳

水槽の脳(すいそうののう、brain in a vat)とは、「あなたが体験しているこの 世界は、実は 水槽に浮かんだ 脳が見ている 夢なのではないか」、という 仮説。 哲学の世界で多用される 懐疑主義的な 思考実験で、1982年哲学者 ヒラリー・パトナムによって定式化された。正しい知識とは何か、意識とはいったい何なのか、といった問題、そして言葉の意味や事物の実在性といった問題を議論する際に使用される。 水槽の中の脳、 培養槽に浮かぶ脳、 桶(おけ) の中の脳、 水槽脳仮説 などと訳される。 ある 科学者が人から 脳を取り出し、脳が死なないような特殊な成分の培養液で満たした 水槽に入れる。脳の 神経細胞を、 電極を通して 脳波を操作できる非常に高性能な コンピュータ につなぐ。意識は脳の活動によって生じるから、水槽の脳はコンピュータの操作で通常の人と同じような意識が生じよう。実は、現実に存在すると思っている世界は、このような水槽の中の脳が見ている幻覚ではなかろうか? 日本語のオープンアクセス文献

 つまり、今現在僕たちが体験しているこの世界というのは現実ではなく脳の中で完結しているだけで現実世界ではないとことです。

 このことは現代ではこのことをイメージすると分かりやすいのではないでしょうか。

 「仮想世界」

 最近ではVRなども出てきて現実とは異なった仮想世界が徐々に構築され始めています。

VRの進化の到達点が水槽の脳

 VRはゴーグルをかけて、そのゴーグルで見た映像を体験するというものですが、その到達点が「水槽の脳」になるのではないかと考えています。

 現在は生身にゴーグルの映像を見るだけですが、それでも現実ではないと頭では分かっていても高所の映像を流されるだけで足がすくんだりします。

 簡単に僕たちの脳は騙されるということですね。

 このVRの技術が進化していき、「フルダイブ型VR」が完成したときにそれは水槽の脳と何が違うのでしょうか。

マトリックスの世界へ

 1999年に公開されたマトリックスは映像革命とも言われ、全世界で大ヒットしました。

 マトリックスとは仮想世界の名前であり、現実世界の人間がコードをつなぎ仮想世界にダイブする形で体験することになります。

 最近の映画だと「レディ・プレイヤー1」の方が分かりやすいかもしれませんね。

 どちらも共通することは「仮想現実」です。

 マトリックスが公開された約20年前だったらあくまで「SF映画」という扱いになってしまっていましたが、今だったら「いつ現実になるのだろう?」と考える人も多いのではないでしょうか。

 どんどんSF映画の世界が現実の世界になる日が近づいている気がします。

孤独死の増加

 仮想現実が現実となり、仮想現実の世界が精巧であればあるほど、今とは違う社会問題が出てきます。

 その中のひとつが「孤独死」だと思います。

 もっと掘り下げると「餓死」になると思います。

 現代日本で生活していると「餓死」なんて縁遠い人が多いと思いますが、仮想現実にのめり込めばのめり込むほど、餓死者が増えると思います。

 今でもネットゲームに熱中しすぎて死んでいたという人がたびたび出ています。

 仮想現実はあくまで「仮想」であり、現実の体は「現実」にあり、食事などをする必要があります。

 そしてそれすらも億劫で体を捨て去る人も出てくると考えています。

究極形態が水槽の脳

 食事なども面倒となり、体を捨て去る人が出てくると思います。

 そしてその究極形態が「水槽の脳」だと考えています。

 体を捨て去り、脳だけの存在となり、最低限の栄養を摂取する形となり、「仮想世界」が「仮想」ではなくなり「現実」となる日が来る可能性があります。

あとがき

 今回は思考実験である「水槽の脳」にスポットを当ててテクノロジーと絡めて未来を予想してみました。

 仮想現実が進化していくとどんどん現実との境目が曖昧となると思います。

 ただ、僕は仮想現実が進化しすぎてくるとその反対も見直されてくるとも思っています。

 そうなったときに「ニッチな世界となる現実世界」も一定数支持する人が出てくるとも考えています。

 現代でもファストフードが爆発的に広まった結果、「スローフード」という言葉も出てきて、ファストフードに相反する形で伸びてきています。

 人間というのは極端な世界というのは反発する生き物なのかもしれませんね。

 その点はとてもまさに人間臭くてとても好きですね。

 参考になれば幸いです。

 最後までお読みいただきありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村
ABOUT ME
shin
こんにちは!シンです。 関東在住の30代サラリーマン男性です。 本業はメーカーで設計をしています。 人生をより豊かにできるための情報を発信していけたらいいな、と思いブログを始めました。
スポンサーリンク