~ちょっと人生にプラスになること~
ちょっと一息

ちょっと一息1~Detroit: Become Human~

 こんにちは!シンです。

 人生を豊かにする上で娯楽もきちんと楽しむことも大切ですね。

 そこで今回は「Detroit: Become Human」というPS4のゲームの紹介です。

 このゲームはゲームと侮るなかれ、ゲームの特性を最大限に生かしたエンターテイメント作品となっています。

 ゲームに興味がない人でも記事を読んでいただくと興味を持って頂けると思います。

Detroit: Become Humanとは

 「Detroit: Become Human」とはPS4でプレイできるアドベンチャーゲームです。

 舞台は2038年のアメリカ、デトロイトが舞台となっているSF作品です。

 未来のデトロイトではアンドロイドというロボットが活躍しており、人間のサポートをしています。

 しかし、アンドロイドによって便利な世の中になっている反面、アンドロイドによって人間の職が奪われるなど社会問題も発生しています。

 このゲームでは3人のアンドロイドが主人公であり、プレイヤーはその立場の異なる3人のアンドロイドを操作して物語を進めていきます。

3人の主人公

 「Detroit: Become Human」では3人の立場の異なるアンドロイドが主人公です。

  • 捜査官となってアンドロイドが起こす事件を追う「コナー」
  • アンドロイドの権利を主張し、革命を目指す「マーカス」
  • DVを受けていた子供を助けるために逃亡者となった「カーラ」

コナー

https://www.jp.playstation.com/games/detroit-become-human/character/より引用

 捜査官であるコナーは最新型のアンドロイドとしてアンドロイドならではの方法で事件を解決していきます。

 そんな中アンドロイド嫌いの人間の捜査官「ハンク」の相棒となります。

 世間ではアンドロイドによる事件が多発しており、アンドロイドであるコナーが適役と判断され、ハンクと二人で事件にあたっていきます。

 捜査官として事件を解決していく中で始めは関わりのなかった「マーカス」や「カーラ」との接点が出てきます。

 そのときプレイヤーはコナーの立場でどのような選択を迫られるのか。

マーカス

https://www.jp.playstation.com/games/detroit-become-human/character/より引用

 マーカスは画家であるカールの生活をサポートするために作られたアンドロイドです。

 とある事件に巻き込まれ自我に目覚めますが、危険視され廃棄されます。

 しかし、奇跡的に助かりますが、すべてを失ってしまいます。

 自我に目覚めたことによりアンドロイドが不当な扱いを受けている現状を変えようと奮起します。

 マーカスは操作するプレイヤーによって革命の方法を大きく変えることができます。

 力による革命を目指すのか、人間との共存を目指すのかその選択はプレイヤー次第です。

 その選択の先にはどのような未来が待っているのか、それはご自身の目で確かめてください。

カーラ

 カーラはいわゆるお手伝いロボットです。

 カーラはトッドというシングルファーザーの家で働くことになります。

 トッドはアンドロイドによって職を奪われ、現在無職です。

 そのストレスを薬物や子供である「アリス」に暴力をふるうことで解消しています。

 その風景を見たカーラは初めはプログラムによって抑えられていましたが、とあるきっかけで自我に目覚め、トッドからアリスを助け、逃亡者となります。

 トッドの嘘の通報によって警察から追われる立場となります。

 果たしてカーラとアリスに安住の地はあるのか。

オムニバス形式で進む物語

 このゲームは1話1話別の主人公にスポットを当てられて進んでいくオムニバス形式で進んでいきます。

 そのため、「ここで終わるのかー、次が気になる」となりますが、別の主人公の物語も魅力的なため次が気になるというのがどんどん増えていきます。

 このゲームを始めると「寝不足」になることをお約束します(笑)

Detroit: Become Humanの魅力

 Detroit: Become Humanの魅力は以下の通りです。

  • 映像が綺麗であり得そうな未来
  • 選択肢が豊富
  • ゲームだからこそできる没入感
  • ゲームを普段プレイしない人ほどハマる

映像が綺麗であり得そうな未来

 映像はPS4でも最高ランクの画質です(もはや実写です)。

 この画質でプレイできるため、臨場感が高まります。

 また約20年後の2038年が舞台でアンドロイドが活躍しているというのもとてもいい塩梅の設定だと感じました。

 十分あり得る未来であり、アンドロイドが活躍することで生まれる社会問題についても現実的です。

選択肢が豊富

 このゲームは本当に「選択肢が豊富」です。

 今までのゲームのような選択肢があっても誤差レベルの話ではありません。

 選択肢によっては物語の進行の根底をひっくり返すくらい変わります。

 そのため、エンディングも全然変わってきます。

 必ず何週もプレイすると思います。

 下のフローチャートは第1話のフローチャートです。

 1話だけで6個の結末があります。

 これが各主人公の各話で展開されます。

https://www.jp.playstation.com/games/detroit-become-human/game-system/より引用

ゲームだからこそできる没入感

 このゲームは映画や海外ドラマのストーリーとも引けを取りません。

 しかし、明らかに優れているところがあります。

 それがゲームだからこそできる没入感です。

 ゲームであるため、プレイヤーはコントローラーを通して主人公を操作し選択していきます。

 コントローラーを通して臨場感が伝わってきます。

 これは普通の映像作品では絶対に体験できません。

ゲームを普段プレイしない人ほどハマる

 このゲームは映画や海外ドラマが好きで、普段ゲームをしない大人ほどハマります。

 先述したようにストーリーは最高、作品への没入感も最高、それらに今まで触れたことのない人ほど新鮮な体験ができるため必ずハマります。

 映像作品ではストーリーは一本道ですが、このゲームはいくつもエンディングが用意されているため必ず何度もプレイしたくなります。

 先述したようにストーリーのフローチャートを確認できるため、分岐の場面が分かり、プレイ環境にも配慮されています。

あとがき

 今回は初めてゲームの紹介記事を書いてみました。

 「Detroit: Become Human」は間違いなく最高峰のゲームです。

 今では廉価版が発売され、3,000円以下で遊べるのはコスパが良すぎます。

 映画や海外ドラマが好きな人、普通の映像作品では満足できない人は買って損はありません。

 参考になれば幸いです。

 最後までお読みいただきありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
ABOUT ME
アバター
shin
こんにちは!シンです。 関東在住の30代サラリーマン男性です。 本業はメーカーで設計をしています。 人生をより豊かにできるための情報を発信していけたらいいな、と思いブログを始めました。