カメラ

【Camera】独学!カメラ道1~僕がカメラを始めた理由~【自己紹介】

 こんにちは!シンです。

 今回は僕がカメラを始めた理由について書いていきます。

 僕はカメラが趣味です。

 2014年辺りから始めましたのでかれこれ6年以上のカメラ歴があります。

 カメラを持って旅行をしたり、街ぶらしたり、いい景色の場所に足を運んで写真を撮って楽しんでいます。

 風景写真をメインで撮影しています。

元々はカメラに全く興味がなかった

 元々、僕はカメラに全く興味がありませんでした。

 なぜ全く興味ないことを始めたかというと、これは当時の彼女の影響ですね。

 付き合ってすぐだったので舞い上がっていたと思います。

 付き合って1ヶ月くらいで買いました。

 当時は20代だったのでお花畑が咲いていましたね。

 今振り返っても恥ずかしいです。

そしてカメラだけが残った

 その舞い上がりは長くは続きませんでした(笑)

 数ヶ月くらいで振られました(笑)

 衝撃です(笑)

 そうなるとカメラだけが残りますね。

 完全に過去の遺物と化しました(笑)

逆境をバネに

 長く付き合っていたら彼女とカメラ、二つと過ごした期間も長くなるため、自然と「カメラを見ると彼女を思い出す」という幸せ度合いに反比例する頭を悩ませる現象が起こり得ます。

 しかし、僕は短期間で振られたため、そういった現象がありませんでした(笑)

 皆無です(笑)

 これは大きなメリットですねー(白目)

 カメラだけが残った状態を見て、僕は誓いました。

 「絶対に趣味と呼べるものにする」と。

 この覚悟にも理由があります。

 これもバカな話なのですが、当時買ったカメラがそこそこいいカメラだったからというのもあります。

 機種はCanonの「EOS 70D」でした。

 中級機に分類される一眼レフカメラです。

 値段は、買った当時でキットレンズ付きで13万円くらいだったと思います。

 全くのド素人がいきなり購入することはあまりないレベルのものです。 お金の使い方としても下手くそでした。

 かなりの大金を払って購入したため、退路が断たれた状態も逆に燃えました。ネットで勉強 僕の周りにはカメラを趣味にしている人がいなかったので、聞く人がいませんでした。

 そのため、ネットを使って独学で学ぶしかなかったです。

 しかし今の時代、ネットで調べれば何でも教えてくれますので、独学でも上達していきました。

 これはカメラを買ってすぐに皇居周辺を散策したときの写真です。
 なんの面白みもない写真ですね。

 そしてこれがカメラ購入から1年と少し経った写真です。
 少しは見れる写真になりつつありますが、まだまだです。
 この辺りからRAW現像(また今度説明します)を覚え始め、色気づいた写真にしようとし始めています。
 RAW現像で彩度(色合い)を濃くすればいい写真になる!と安直な写真を量産するようになって色合いがうるさい写真が多いです。

 カメラは初期費用が高くなりがちなので踏み込みにくい趣味ではありますが、今のカメラはデジタル最盛期なのでフィルムカメラと違い、一式揃えてしまえばランニングコストはそこまで掛かりません。

 僕も最後にレンズを買ったのは2年以上前ですし、今のところ買い足す予定はありません。

今では満足

 今ではカメラを始めたことは良かったと思っています。

 恐らくカメラを始めなかったら一生行かなかったであろう場所にもいくつも行きましたし、世界が広がりました。

 熱中できる趣味があるということは確実に人生を豊かにすると思います。

まとめ

 当時の彼女の影響で始め、その直後に振られてカメラだけが残ったという衝撃のスタートから幕が開けたカメラ歴ですが、今では他人に自信をもって趣味だと言えるくらいのものになったと思います。

 確かにカメラ業界は斜陽産業で、これからも市場は縮小していくとは思いますが、カメラには魅力がたっぷり詰まっています。

 カメラに興味はあるけど、最初の一歩が踏み出せない方も、こういう先を考えずに突っ走ったバカでも独学でそれなりの写真が撮れるようになるというひとつの参考例にしていただけたらと思います。

 これからも僕のカメラ活動について定期的に書いていきたいと思いますので、よろしくお願いします。

 最後までお読みいただきありがとうございました。

ABOUT ME
shin
こんにちは!シンです。 関東在住の30代サラリーマン男性です。 本業はメーカーで設計をしています。 人生をより豊かにできるための情報を発信していけたらいいな、と思いブログを始めました。
スポンサーリンク