~ちょっと人生にプラスになること~
カメラ

【スマホでも簡単に使える技】カメラ道3~水平に気を付けて撮影しよう~

 こんにちは!シンです。

 今回は水平に気を付けて撮影しようという内容で書いていきます。

 これも前回同様撮影する際にとても大切なことなので是非参考にしてください。

 前回の記事はこちらです。

 こちらもスマホで撮影する際に参考になると思いますので、是非ご覧ください。

水平に気を付けようとは

 水平に気を付けようとは、文字通り撮影する際にきちんと構えて、写真が斜めにならないように気を付けると言う意味です。

 おしゃれな感じであえて斜めに写したりする場合もありますが、水平をきちんと意識して撮影することが基本となるので、これからは少し意識して撮影してみましょう。

こういうときに斜めになりがち

 これは僕もやりがちなのですが、スマホで適当に撮って後から見返すと結構斜めに写っていたりいたりして写真が台無しになっているときがあります。

 写真が斜めになっていたら写真全体に影響を及ぼすため、被写体が良かったとしても残念な写真になってしまいます。

 大事な写真を撮る際は「水平を意識する」というひと手間を加えるだけで、写真がぐっとよくなります。

特に気を付けるべき写真

 これはダントツで「水平線や地平線が入る写真」です。

こういった写真が斜めになっていると目立ちます

 大自然に基準となる線があるのに、斜めになった写真が撮れていたとしたらふちの線と、水平線が一目瞭然で斜めになっていることがばれてしまいます。

 逆に言うと、明確な基準線があるのでその線に合わせるように意識して撮るだけで斜めの写真を回避することができます。

グリッド線を活用しよう

 聞きなれない言葉かもしれませんが、グリッド線を活用することで斜めの失敗写真を減らすことができます。

 これはカメラに備わっている機能ですが、最近のスマホだったら恐らくすべての機種で備わっていると思うので活用しない手はないです。

グリッド線とは

 グリッド線とは、撮影画面上に出すことができる縦と横の線のことです。

画面の白い線がグリッド線です。

 この線を基準にすることで水平線が入る写真も水平を合わせやすくなりますし、都市部で撮影する際にもビルの輪郭にグリッド線を合わせるようにすると水平が出しやすくなります。

グリッド線の出し方

 僕が普段使っているスマホはandroidなので、手元にあるiPod touchの画面を使って説明しようと思いましたが、僕のiPodtouchでは別にアプリを入れないとできないようだったので、外部のサイトで説明しているサイトがあったので引っ張ってきました。

https://weekly.ascii.jp/elem/000/001/650/1650585/

カメラには水準器が搭載されているものもある

 カメラは撮影に特化しているものなのでスマホにはない機能が数多くあります。

 (今のスマホだとジャイロが搭載されてそうなのでスマホでも水準器がありそうですね)

 その中でもカメラならではなのが「水準器」です。

 ファインダーを除くと、画面にシーソーのようなものがありますが、これが横方向の水準器になります。

Canon社HPより引用

 このシーソーが傾いていたら水平が取れていないことになるので、水平に合わせるようにしましょう。

 また、上位機種にはさらに前後方向の水準器が搭載されているものもあります。

 水平を出すことが大切だということがカメラの機能からも分かりますね。

こんなものにも水準器

 カメラに水準器が搭載されている話をしましたが、三脚にも搭載されているものがあります。

赤枠のものが水準器です

 写真にあるものが水準器です。

 よく見ると中に気泡があり、この気泡が中心の〇の中に入れば水平が出ていることになります。

 カメラにも水準器があるわ、三脚にもあるわ、で写真は水平との闘いとも言えますね(笑)

逆にこういう写真は水平を意識しなくてもOK

 散々、水平を意識しろと言ってきましたが、写真によっては水平を気にしなくてもいいものがあります。

  • 写真から水平が読み取れない写真
  • クローズアップした写真

 これらは水平が関係ないので、水平以外のことに力を入れて撮影した方がいいです。

 写真から水平が読み取れなければ、写真が斜めになっていることも分からないので、「写真から水平が読み取れない写真」は水平を意識しなくても大丈夫です。

 また、下にあるような「クローズアップした写真」も水平が読み取れないので、水平以外に意識を集中して写真を撮った方がいいです(余計なものを写さないなど)。

まとめ

 僕は大雑把な性格なので、結構斜めの写真を量産してしまうのですが、グリッド線や水準器を駆使することで斜めになる写真を減らすことができます。

 僕個人としてはカメラで撮影する際はグリッド線よりも水準器の方を意識しています(水準器がある場合は)。

 グリッド線を紹介しておいてなんなのですが、グリッド線は水平を出すためと言うより、どちらかというと写真の構図を意識する際に用いることが多いです(構図に関してはまた別の機会に書きます)。

 今回は水準器がないスマホもあると思ったので、グリッド線を利用した水平出しの方法を解説しました。

 参考になれば幸いです。

 最後までお読みいただきありがとうございました。

ABOUT ME
shin
こんにちは!シンです。 関東在住の30代サラリーマン男性です。 本業はメーカーで設計をしています。 人生をより豊かにできるための情報を発信していけたらいいな、と思いブログを始めました。
スポンサーリンク