カメラ

カメラ道8~大人の趣味としてカメラがおすすめな理由~

 こんにちは!シンです。

 今回は「大人の趣味としてカメラがおすすめな理由」について書いていきます。

 大人になってから新しい趣味始めたいなーと思うときがあると思いますが、その中でカメラを一度ご検討してはいかがでしょうか?

 僕の場合はカメラに興味がなかったけど始めざるを得なかったわけなのですが、詳しくはカメラ道1をご覧ください。

カメラを始めるメリット

 僕がカメラを始めるメリットは以下のことだと思っています。

  • 一生行かなかったところであろう場所に行く
  • 他の趣味との親和性が高い
  • 話のネタになる
  • 思っているほどのお金は掛からない
  • 運動できる

一生行かなかったところであろう場所に行く

 これは本当に行きますね。

 僕は現在関東在住ですが、日帰り旅行として関東をうろうろしています。

 関東も穴場な撮影スポットが様々あります。

 「色々な場所を撮り歩いていますよー」と言っているので「どこに行ったりしますか?」とよく聞かれます。

 答えても地元民ですら「?」な場所にもよく行ってます(笑)

 下の写真は埼玉県の越生(おごせ)という梅の有名なところがあるのですが、僕が会った埼玉県民はほぼ知りませんでした(笑)

埼玉県越生の梅

他の趣味との親和性が高い

 カメラは他の趣味との親和性が高いです。

 旅行好きな人は多いですが、カメラが趣味なら問題なく合わせられ一緒に楽しい時間を過ごせます。

 その他にも街ぶらやカフェ巡りなど外出するものには結構合わせやすいので友人の趣味を尊重しつつ自分の趣味も楽しめることができます。

話のネタになる

 これ結構助けになります(笑)

 特に僕は話すのが得意ではないですし、コミュニケーション能力が高くもないのですが、特に初対面の人と話が詰まったときのネタには十二分の威力を発揮します。

 どういうことかというと、僕の場合各地を巡って写真を撮っています。

 話が詰まったときにおもむろにスマホを出し、「こういうところ行ったんですよー」と話を振って撮った写真を見せると結構「場」が延命されます(笑)

 カメラで撮った写真をいちいちスマホに移していたら容量や、移すのにも時間が掛かるのでおすすめしないのですが、僕の場合、LINEを活用してスマホで表示できるようにしています。

 このやり方はまた別の機会に紹介します。

思っているほどのお金は掛からない

 カメラ=お高いんでしょ~?と言われることが多いですが、そこまでかからないのではないかと思っています。

 確かに初期投資という面では多少掛かりますが、高く見積もっても10万円以下で始められます。
 (やっぱ高いか(;´Д`))

 でも、ジムに通う場合、1ヶ月約1万円として年間約12万円掛かります。

 12万円もあれば十分満足できるカメラとレンズを手に入れることができます。

 それを先払いと考えたらそこまでではないのではないでしょうか。

 あと、ランニングコストはあまり掛からないことは確かです。

 今はデジタルですので、昔みたいにフィルム代は掛かりませんし、カメラ一式は一度揃えれば10年は使えます。

 昔みたいに型落ちになったからといって最新機種と機能差が大きいわけでは全然ないので大切に使えば10年は余裕で使えます。

 僕のカメラも一応型落ちではないですが、4年前の機種です。

 ですけど、まだまだ全然使えます。

 最低でもあと5年は使います。

 機会があれば「もしも、今現在僕だったら何を買うか?」という記事も書きたいと思います。

運動できる

 これは公共交通機関で移動する場合になりますが、結構歩きます。

 運動不足がちの現代人ですが、カメラを持って出歩くと自然と歩くことになるので自然と運動することができます。

あとがき

 カメラを趣味として始めるとなると初期費用の高さなどから覚悟がいると思いがちですが、一度揃えてしまえば長く使えるものばかりなのでトータルのコストはあまり掛かりません。

 撮るジャンルによって必要な機材はことなりますが、5年以上風景写真メインで撮っている身としては風景写真であれば10万円以下で十分長く使える満足いく機材を揃えられます。

 参考になれば幸いです。

 最後までお読みいただきありがとうございました。

ABOUT ME
shin
こんにちは!シンです。 関東在住の30代サラリーマン男性です。 本業はメーカーで設計をしています。 人生をより豊かにできるための情報を発信していけたらいいな、と思いブログを始めました。
スポンサーリンク