~ちょっと人生にプラスになること~
カメラ

【Camera】SONYのEマウントレンズが予想以上に充実している話【簡易ミラーレスの歴史あり】

 こんにちは!シンです。

 今回はSONYのEマウントレンズが予想以上に充実している話について書いていきます。

 カメラについてあまり詳しくない人にとってEマウントって何?と思われるかもしれませんが、マウントとはカメラにレンズを取り付けるための規格です。

 EマウントとはSONYのミラーレスカメラの規格と考えてください。

 マウントはメーカーごとに違ってくるので他社のレンズは基本的に取り付けられません。

 マウントについては複雑なので別の機会に詳しく書きたいと思います。

マウントの充実度合は生命線

 本格的なカメラであるレンズ交換式のカメラである、一眼レフカメラとミラーレスカメラの売りと言えば、レンズを交換することができるということです。

 そのため、カメラ本体だけ充実していてもレンズが充実していなければ見向きをされません。

 ゲーム業界と似ているかもしれません。

 ゲーム業界も、ゲーム機本体だけすごかったとしても、面白いソフトが無ければそのゲーム機は売れません。

ミラーレスカメラは戦国時代

 ミラーレスカメラなんて最近出たわけでもないし、そんな状態なの?と思われるかもしれませんが、実はミラーレスカメラ業界は戦国時代です。

時代はミラーレスカメラへ

 今までは一眼レフカメラがカメラ業界の花形でしたが、これからは確実にミラーレスカメラの時代が来ます。

 理由は割愛しますが、今までミラーレスカメラの弱点と言われていた部分がどんどん技術革新によって一眼レフカメラの能力を超えてきています。

 一眼レフカメラはどんどん縮小していくことは確実です。

 そのため、今は一眼レフカメラからミラーレスカメラへの本格移行が現在進行形で行われており、戦国時代に突入しています。

注目はミラーレスカメラ上位機種

 先ほど、ミラーレスカメラ戦国時代と書きましたが、厳密にはミラーレスカメラの中でも高級機の方が過熱しています。

 今まではミラーレスカメラの高級機はSONY一強でしたが、近年CanonとNikon、Panasonicが参入しました。

 そのため、現在のミラーレスカメラ高級機業界は戦国時代に突入しています。

SONYの飛躍

 SONYのすごいところはその先見性です。

 SONYはいち早くどのメーカーも参入していなかったミラーレスカメラ高級機路線に舵を切っていました。

 レンズの充実というのは非常に時間が掛かりますので、いち早く参入し、土台を整えることは非常に大切なことです。

トップメーカーが挑戦者

 カメラと言えばCanonやNikonを思い浮かべる方が多いと思いますが、高級ミラーレスカメラ業界はSONYがいち早く参入していたため、一日の長があります。

 そのため、トップメーカーであるCanonとNikonがSONYに挑戦するという立場になっています。

 この構図は今までではありえないことなのでとても見ていて面白いです。

サードパーティメーカーの動向にも注目

 各マウントのレンズを充実させるためには自社のレンズだけれはなく、サードパーティ製のレンズも必要不可欠です。

 サードパーティ製レンズとは、レンズ専門メーカーが作っているレンズのことです。

 レンズの開発には時間もお金もかかるので、マウントを充実させるためにはレンズメーカーのレンズというのは非常に重要になってきます。

 主なレンズメーカーとしては、シグマ、タムロン、トキナー、ツァイス辺りが有名です。

 これらのメーカーを自社のマウント開発にいかに取り込むかも重要になってきます。

SONYのEマウントのレンズの充実度合が半端ない!

 先述したようにマウントの発展にはレンズの充実度合が大事と書きましたが、SONYのEマウントの充実度合が半端ないということに改めて気が付きました。

 前々からEマウントは頑張っているなと思ってはいましたが、最近やたらとサードパーティ製のレンズが特に充実してきました。

シグマのEマウント対応レンズ一覧

 僕はシグマのレンズが好きなので一番最初に持ってきました(笑)

 シグマのレンズは良いレンズ多いですよ。

シグマ社HPより引用
https://www.sigma-global.com/jp/lenses/#/all/sony-e/より引用

 シグマだけでこれだけあります。

 最初、あまりの多さに間違ったかな、と思っていましたが違いました。

 全部SONYのEマウント対応レンズです。

 これはやばい!多すぎ!

 シグマレンズだけで十分事足りるレベルで充実してます!

 唯一、挙げるとしたら望遠レンズがあまり揃っていません。

 ですが、ないわけではないですし、十分です。

タムロンのEマウント対応レンズ一覧

 続いてタムロンのレンズです。

 HPを見ていてやばいバナーがありました。

タムロン社HPより引用

 タムロンもEマウントに力入れ過ぎ!

https://www.tamron.jp/product/e-mount/?utm_source=tamronjp&utm_medium=product&utm_campaign=TAMRON-Emountより引用
https://www.tamron.jp/product/e-mount/?utm_source=tamronjp&utm_medium=product&utm_campaign=TAMRON-Emountより引用

 シグマほどではないですが(シグマが異常とも言えますが)、タムロンも広角から望遠レンズまでズームレンズとして幅広くカバーしている隙のない布陣です。

 シグマは単焦点レンズメイン、タムロンはズームレンズメインとうまく棲み分けができていていい感じだと思います。

トキナーのEマウント対応レンズ一覧

 実はトキナーはあまり詳しくなくてHPをまともに見たのが初めてでした。

 トキナーが扱っているレンズがいくつかのブランドがあるらしく、トキナーブランドの他に海外メーカーのサムヤン社のレンズも取り扱っているようです。

https://www.kenko-tokina.co.jp/camera-lens/tokina/より引用

 サムヤン社のレンズは27本ありました。

 本数が多すぎたため、画像は割愛します。

 気になった方は以下のURLでご確認ください。

SAMYANG

SAMYANGの商品一覧ページです。

https://www.kenko-tokina.co.jp/camera-lens/samyang/

ツァイスのEマウント対応レンズ一覧

 ツァイス社はSONYと近い存在で、レンズに関してもSONYのHPでもツァイスのレンズも紹介されています。

 数が多すぎるので、こちらも実際にHPをご覧になった方が早いと思います。

Eマウントレンズ 商品一覧 | デジタル一眼カメラα(アルファ) | ソニー

ソニー デジタル一眼カメラα(アルファ) 公式ウェブサイト。デジタル一眼カメラα(アルファ)の商品一覧ページ。デジタル一眼カメラα(アルファ)の全商品をご紹介いたします。

https://www.sony.jp/ichigan/lineup/e-lens.html

まとめ

 改めて調べてみると、レンズの充実度が半端ないことを認識できました。

 SONYがカメラ?と思われるかもしれませんが、SONYは今のカメラ業界で一番勢いのあるメーカーです。

 その勢いに反しないレンズラインナップでした。

 このラインナップならSONYのカメラを買えばなんでも撮れます(僕はCanonユーザー(笑))。

 SONYのカメラはCanonユーザーの僕から見ても自信を持っておすすめできます。

 正直SONYのカメラが羨ましいと思うこともあったり、プロのカメラマンもCanonからSONYに移ったという話も聞いていましたが、これだけのレンズがあれば移行も納得でした。

 参考になれば幸いです。

 最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ABOUT ME
アバター
shin
こんにちは!シンです。 関東在住の30代サラリーマン男性です。 本業はメーカーで設計をしています。 人生をより豊かにできるための情報を発信していけたらいいな、と思いブログを始めました。