~ちょっと人生にプラスになること~
コラム

【体験談】転職活動をしていて遭遇したやばい会社3選

 こんにちは!シンです。

 今回は「転職活動をしていて遭遇したやばい会社3選」という内容で書いていきます。

 僕は2度の転職活動をしました。

 転職活動をしていて感じたことは十人十色ならぬ、十社十色ということです。

 当たり前のことですが、会社ごとに常識などは異なります。

 その会社では当たり前のことだったとしても僕個人が受けた印象としては「やばい!」と思った会社を3選としてご紹介します。

PVアクセスランキング にほんブログ村

転職活動をしていて遭遇したやばい会社3選

 転職活動をしていて遭遇したやばい会社3選は以下の通りです。

  • 面接の結果が1ヶ月以上保留
  • 敗者復活戦
  • 職務経歴書を読まない上に、求人票と欲しい人材が異なる

面接の結果が1ヶ月以上保留

 この面接は書類選考が通って、1次面接でのことです。

 面接後は社内を案内してもらい、手応えも十分にあった会社でしたが、1ヶ月以上放置されました。

 最後の方は他の選考もあったので、こちらも忘れていました。

 当時もエージェントを使っていて、定期的にプッシュしてもらっていたので、会社側が忘れていたということは考えにくいです。

放置されていた原因としては「他に有望な候補者が現れた」などが考えられます。

 そのため、時期を遅らせて同じラインで選別したいということがあったのかもしれませんが、それは会社側の都合で、こちらにはまったく関係ありません。

 別の会社に合格してそちらに行ったので結局面接が合格したのかは最後まで分かりませんでした。

敗者復活戦

 個人的にこれが1番やばい会社だったと今でも思っています。

 この会社にもエージェント経由で応募しました。

 しばらくして書類選考で落ちたという連絡が入りました。

 ここまではごく普通の流れですが、ここからがこの会社の本領発揮です。

 1ヶ月後くらいになってエージェントから「○○会社の1次面接に進めましたので日程を調整してください」という連絡が入りました。

 落ちてから少し時間が経っていたので、最初はこの会社の選考を落ちたことを忘れていました。

 少し引っ掛かったので、メールを見返してみると落ちていたことがメールで見つかり、そのことをエージェントに問いただしてみると信じられない返答がありました。

 「○○会社が候補者を書類選考で落としすぎて面接に進める人が極端にいなくなったため、再度選考した結果、面接に進んで欲しい」という回答が来ました。

 あまりに身勝手な理由だったため、断りました。

 面接の内容も非常に特殊で、「自分を商品としてパワポを使ってプレゼンする」という内容でした。

 いろいろと不愉快になりました。

 この会社のことは一生忘れないでしょう。

 かなり大きな会社で、その業界では有名ですが、こういうことをしているのを見ると、内情はやばいのではないかと思っています。

職務経歴書を読まない上に、求人票と欲しい人材が異なる

 僕は機械設計のエンジニアになります。

 エンジニアはザックリ言うと、外観の筐体などの設計を担当する「機械設計」と内部に組み込む基板の回路設計などの「電気設計」、製品を動かすソフトを設計する「ソフト設計」の3分野があります。

 それぞれの分野は専門性が高く、複数の分野に精通しているという人はなかなかいません。

 この会社は求人票にでかでかと「機械設計者募集」と書いてあったので、応募しました。

 書類選考も無事通過し、面接に進んだのですが、面接で意外なことを言われました。

面接官

今はどちらかというと電気分野の知識を持っている人が必要なんですよねー。

面接官

もちろん、機械分野も仕事上必要ですが、電気の要素が強いです。

面接官

現に私も大学は電気工学科出身です。

シン

・・・。

シン

(そんなの知らんわ!)

(求人票に電気のこと一切書いてなかっただろうが!)

(百歩譲って電気分野に強い人間が欲しかったとしたら書類選考時に落とさんかーい!!)

 面接後落とされました。
 (釈然としない)

名目上は同等の立場

 転職活動者と会社の立場は名目上、同等の立場です。

 しかし、転職活動をしていてそのことを実感できることは少ないのが現状です。

 「転職活動が辛い」と感じて続けられない人はこのことも大きな原因のひとつだと思います。

 しかも、こういったことが長期間になればなるほど神経がすり減っていきます。

転職活動はノーリスク

 「転職活動はノーリスク」とはよく聞きますし、僕の過去の転職記事でも書いたことがあります。

 しかし、改めて考えてみると精神的に受けるダメージというのは人によっては結構大きいのでまったくノーリスクかと言われると、少し疑問が残ります。

現状を把握して一歩踏み出す勇気を

 それでも、現状があまりよくないと考えているのなら一歩踏み出してみるというのは選択肢としては大いにアリだとも考えています。

 「仕方ない」「どうせ転職できない」などネガティブに考えるのではなく、やってみて無理だと思ったら転職活動を止めるのもアリですので、試しに一歩踏み出してみてはどうでしょうか。

あとがき

 今回は「転職活動をしていて遭遇したやばい会社3選」という内容で書きました。

  • 面接の結果が1ヶ月以上保留
  • 敗者復活戦
  • 職務経歴書を読まない上に、求人票と欲しい人材が異なる

 こうやって改めて書き出してみても、今回の会社は身勝手で会社本位で考えている会社ばかりな気がします。

 今でこそ半分笑い話になりますが、当時は真剣に取り組んでいたので、大変でした。

 参考になれば幸いです。

 最後までお読みいただきありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村
ABOUT ME
アバター
shin
こんにちは!シンです。 関東在住の30代サラリーマン男性です。 本業はメーカーで設計をしています。 人生をより豊かにできるための情報を発信していけたらいいな、と思いブログを始めました。