~ちょっと人生にプラスになること~
防災対策課

シンの防災対策課1~非常持ち出し袋の中身~

 こんにちは!シンです。

 今回は新シリーズとして「シンの防災対策課1~非常持ち出し袋の中身~」という内容で書いていきます。

 「必要だと分かってはいても準備できていないもの第1位と言えば ” 非常持ち出し袋 ” 」ですよね(適当です)。

 ですが、昨今の地震の多さや毎年の豪雨被害によって「防災意識」というのは年々高まってきています。

 それでも非常持ち出し袋というのは大きな災害の直後に準備はしたけど、「何年も中身を確認していない」、「準備したいとは考えているが後回しになっている」という人が多いのではないでしょうか。

 そんな方々の参考になれば幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

防災対策課の経緯

 僕は以前人命にかかわる会社に勤めていたため、会社から非常持ち出し袋を支給されていました。

 僕自身そこまで防災意識が高いわけではないですが、このブログを通して自身の防災意識も高めていけたらいいな、と考え立ち上げました。

 そのため、お読みいただいている方で「こういうことしてるよ!」ということがあれば教えていただければ幸いです。

非常持ち出し袋の中身

 僕の非常持ち出し袋の中身は前職の会社から支給されたものをベースに僕自身が一部追加したものになります。

  • ヘルメット
  • 乾パン
  • 防寒シート
  • 携帯ラジオ
  • 軍手
  • タオル
  • 三角巾
  • マスク
  • 電池
  • 携帯ライト
  • ウェットティッシュ
  • 東京くらし防災(防災本)
  • 災害用トイレ
  • ばんそうこう
  • カイロ
  • 現金

ヘルメット

 なかなかヘルメットを持っている人は少ないかもしれませんが、会社からの支給品だったため、含まれていました。

 かなりかさばるものなので敬遠されがちですが、頭を守ることは大切なので大規模災害では必須と言えるでしょう。

 今では折りたためるものもあるので、状況によって選んでみてください。

乾パン

 非常食の代表格「乾パン」です。

 食料よりも水の確保の方が重要な気がするので、水も入れるようにしたいです。

 僕は普段用として玄関近くに2Lの水を山ほど置いているので非常時は非常持ち出し袋と一緒に持ち出したいと考えていますが、緊迫感の中でそんな余裕があるのかちょっと疑問があるのでまた考えたいと思います。

 保存用のビスコも食べたことありますが、普通においしいです。

 普通のビスコと変わらないと思います。

 カロリーメイトも保存用として3年保存のものがあります。

 これも昔行った防災展でもらって食べたことがありますが、普通においしかったです。

 たしかこれは水に浮くようにできていたと思います。

 この辺りも防災を意識した作りになっていることに驚いた記憶があります。

防寒シート

 真冬に大災害が起きたときは寒さというのが生命に直接関わってきます。

 避難所も体育館のような広く寒い場所が多いので各自で防寒対策というのが求められてきます。

 この防寒シートを羽織ることで寒さを緩和することができます。

 「防寒対策」というのは意外と見落としがちなのではないでしょうか。

携帯ラジオ

 大災害時は通常の情報源が使えないため、携帯ラジオが必須となります。

 家電量販店などを覗いてみると多機能なものもあり、スマホを充電できるものやライト付きのものあります。

 正しい情報というのが生命線となりうるので、非常時の情報源の確保もしっかりしておきたいですね。

軍手

 非常時にはがれきに触れる機会もあるので軍手もあったほうがいいと思います。

タオル

 タオルも使いどころは多岐に渡ります。

 夏場は汗を拭くことや、タオルを濡らして体を拭くなど持っておいた方がいいアイテムです。

三角巾

 マスク代わりになったり手当てに使ったりと、こちらも使用方法が多岐に渡るのであった方がいいと思います。

マスク

 このコロナ禍で大災害となると、こちらの本場のマスクも必須となります。

 数が少ないので増やしたいと思います。

 個人的には個装されたものをバラで入れておくとそんなにかさばらないかと考えています。

電池

 最近では電池の使用頻度が減ってきているので、持っていないという人もいるかもしれません。

 電池にも使用期限があるので乾パンなどと同じで定期的にチェックしたいですね。

 また、液漏れしている場合もあるので(僕は以前液漏れしたときがありました)、そういう意味でもチェックしておきたいです。

携帯ライト

 停電すると当たり前ですが、街灯も点かなくなるのでライトも必須となります。

 携帯ラジオについているものもありますが、そこまで大きなものでもないのでどちらかが壊れたときのために役割を分けておくのも手だと思います。

ウェットティッシュ

 非常時は水の確保が難しいのでウェットティッシュもあると便利だと考えて入れています。

東京くらし防災(防災本)

 東京に住んでいたので住民票を移した時にもらってそのまま袋の中に入れています。

災害用トイレ

 災害時はトイレの確保もままなりません。

 男性ならまだ使う頻度は少ないかもしれませんが、女性にとっては重要度がかなり高くなるのではないでしょうか。

ばんそうこう

 災害時には怪我をする可能性が高くなります。

 そんなときにばんそうこうが必要な場面も出てくると思います。

カイロ

 寒さ対策第2弾のカイロです。

 寒さは地域によっては死に直結するので防寒対策はしっかりしておきたいですね。

 生き埋めになったときに助けを求める必須アイテムが「笛」です。

 大声を出すより効果的に音を伝えることができるので絶対にあった方がいいです。

 映画「タイタニック」でもクライマックスでローズが笛を吹いて助けを求めていましたね。

 100均にも売られているのでそっちでもいいと思います。

現金

 災害時にはカードも電子マネーも使えないので、使わなくなった財布に10万円入れて袋に入れています。

 ただ、小銭の方が使い勝手が良さそうなので今後は小銭を入れたいと思います。

あとがき

 今回は「非常持ち出し袋」について書きました。

  • ヘルメット
  • 乾パン
  • 防寒シート
  • 携帯ラジオ
  • 軍手
  • タオル
  • 三角巾
  • マスク
  • 電池
  • 携帯ライト
  • ウェットティッシュ
  • 東京くらし防災(防災本)
  • 災害用トイレ
  • ばんそうこう
  • カイロ
  • 現金

 僕は現在関東在住ですが、最近も大きな地震があったこともあり、大災害がいつきてもおかしくない状態だということを再認識しました。

 「南海トラフ地震」もずっと前から起こると言われていますし、日本に住んでいる以上災害を避けることはできません。

 災害にあったときに「準備しておけばよかった」と言っても後の祭りなので、できることから準備しておきましょう。

 他にもこういうのがあれば便利、などがあれば教えていただければ幸いです。

 今回久々に中身を見直してみましたが、僕自身今まであまり中身を見直せていなかったのでブログに書くことを動機に定期的に中身を見直せることはいいことだな、と思いました。

 読者の方々と共に「防災意識」を高めていき、いざという時に活かせれば生存率が少しでも上がっていくと思います。

 参考になれば幸いです。

 最後までお読みいただきありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村
ABOUT ME
shin
こんにちは!シンです。 関東在住の30代サラリーマン男性です。 本業はメーカーで設計をしています。 人生をより豊かにできるための情報を発信していけたらいいな、と思いブログを始めました。
スポンサーリンク