カメラ

撮影方法解説~横浜駅周辺の夜景~

 こんにちは!シンです。

 今回は撮影方法の解説記事です。

 解説する記事は「横浜駅周辺の夜景」です。

 みんな大好き夜景写真ですね^-^

 東京タワーの記事でも書きましたが、夜景写真はとても簡単なのでここまで反響をいただけるのはこちらとしてはとても驚いています(笑)

撮影機材

 撮影機材は以下の通りです。

カメラEOS 5D MarkⅣ(フルサイズカメラ)
レンズCanon EF16-35mm F2.8L III USM
三脚Manfrotto 三脚 COMPACT Advanced 3Way
フォトキット アルミ 5段 ブラック MKCOMPACTADV-BK

 大体このセットで撮影しています。

 夜景撮影はこれだけあれば大抵のものは撮れます。

 この中で夜景撮影の肝となるのはこの中でも一番安価な「三脚」ですね。

 三脚さえあればどんなカメラでも簡単に夜景は撮れます。

 フルサイズカメラも高いレンズもいりません。

撮影時間帯

 撮影の時間帯は「日の入り前から日没後」です。

 これを選んだのは「マジックアワー」を狙っているからです。

 マジックアワーに関しては東京タワーの解説記事で解説しています。

夜景撮影の極意~東京タワー写真の解説~

こんにちは!シンです。  今回は先日投稿した「シンの絶景探訪記5~東京タワー~」の記事の撮影裏側について解説する記事になっています。  この記事は読んでいただいた方から結構反響をいただいたので書いてみます。  この写真のポイントは「夜景」です。  夜景撮影は難しいイメージを持っている人が多いかもしれませんが、夜景撮影はとてもシンプルで簡単です。 …

 夜景撮影なので日没後に行くぞ!というのはもったいないので、是非とも少し早めに行って「マジックアワー」の時間帯を体験していただきたいです。

撮影場所

 撮影場所は「ポートサイド公園」です。

 初めて行った場所でしたが、人が少なく、三脚を立てても他人に邪魔にならないのでおすすめの場所です。

 三脚を使うとなると、他の方の邪魔にならないかを考えて場所選びをしないといけないので場所選びは慎重にしましょう。

 「みんな笑顔で最高の三脚ライフを」

マジックアワーの写真解説

 マジックアワー時に撮った写真について解説していきます。

  • 撮影条件
  • 構図

撮影条件

 撮影の条件は以下の通りです。

F値(絞り)F8
シャッタースピード6秒
ISO感度100
焦点距離16mm

 僕は基本的にISO感度を100で撮りたいのでこのような設定になっています。

 ISO感度をもう少し上げればシャッタースピードをもう少し速くすることもできます。

 ISO感度は上げるとノイズが目立つようになるのでシャッタースピードを三脚を使うことで稼ぐことができるならできるだけ下げておいた方がいいです。

 焦点距離に関しては、僕のカメラはフルサイズなので、そのまま16mmです。

 これらの条件で撮るとこの写真になります。

構図

 上記の写真で意識している構図は「三分割法」です。

 基本的に三分割法で撮影しておけば何とかなります。

 ちょうど「地平線が白い線と重なっています」。

 このように写真を三分割して撮影する方法を「三分割法」と言います。

 その他にも白い線の交点に主役をもってきたりもします。

 三分割法は万能構図なので、これだけは覚えておいて損はないです。

 構図に関してはスマホ撮影でも使えるので、是非活用してください。

 この写真は水面に映る絵も大切なので、三分割法を意識しすぎて、水面の反射部分が切れないようにしましょう。

 その場合は無理に三分割法を守らなくてもいいと思います。

こうなってしまうとちょっともったいなく思います

撮ってみたいヘッドライトやテールランプの光線

 こういった写真を撮ってみたいと憧れている方も多いと思いますが、これも簡単です。

 こちらも同じように解説していきます。

  • 撮影条件
  • 構図

撮影条件

F値(絞り)F10
シャッタースピード13秒
ISO感度100
焦点距離16mm

 ポイントとしては「シャッターを開いている間にどれだけ車が通るか」です。

 そのため、マジックアワー時に撮った写真よりシャッタースピードを遅くしています。

 車が多く通れば光線が多くなります。

構図

 正直に言うとそこまで構図は意識していません。

 強いて言うならこちらも三分割法で地面の部分と空の割合を大体1:2にしているくらいです。

 2枚目の方は「放射線構図」を意識してはいます。

 放射線構図とは下のように線が1点に集まる構図のことです。

 こうすることで、目線を1点に集めることができます。

 この写真ではしていませんが、集まる点を三分割法の交点の部分に持ってきてもいいです。

あとがき

 横浜夜景写真の解説記事でした。

 夜景は難しいと思われている方もいますが、今回解説した条件で撮影すれば誰でも夜景を撮れることをお約束します。

 「夜景撮影は簡単」

 実際撮影してみるとこう思うはずです。

 参考になれば幸いです。

 最後までお読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへ
にほんブログ村
ABOUT ME
shin
こんにちは!シンです。 関東在住の30代サラリーマン男性です。 本業はメーカーで設計をしています。 人生をより豊かにできるための情報を発信していけたらいいな、と思いブログを始めました。
スポンサーリンク