コラム

タイピングミスを減らす方法【insert キーボード 解除】

こんにちは!シンです。

ブログはパソコンで書いているのですが、

どうしてもタイピングミスするときがあります。

特に「insert」と「Num Lock」のタイピングミスが多いです。

「insert」 なんて存在意義が分かりません。

タイピングミスはイライラの元になるので、

僕が行った解決策を書きます。

この記事に書いてあること
  • insertなどのキーを誤タイプしてイライラしている人の解決方法
  • 小難しい解決方法ではなくシンプルで簡単な方法が知りたい人

PVアクセスランキング にほんブログ村

僕が使っているキーボード

僕は「Logicool K360」というキーボードを使っています。

3年くらい使っています。

特に不具合もないですが、

使い勝手としては可もなく不可もなくといった感じです。

買った当時も3,500円くらいの安いものだったので

こんなものかな、というところです。

シン

値段の割に悪くはないキーボードですが、

若干高くてもいいものがあれば買い替えたいです。

タイピングミスの原因は物理的に取り除く

結論から書くと、

タイピングミスの原因となるキートップを外しました。

ゲーミングパソコン用の高いキーボードだとキートップを簡単に取り外せますが、

安いキーボードは取り外せないと思っていたので

今まで我慢して使っていましたが、

タイピングミスに我慢できなくなったので

ぶち壊す覚悟で無理やり外してみました。

シン

安いキーボードはキートップが外れないと思い込んでいましたが、

半ば強引にすれば外れました。

マイナスドライバーで取り外せる

キーボードの隙間にマイナスドライバーを入れて、

てこの原理で外すことができました。
(若干無理やり)

キートップにある爪が折れていなければ、

再び入れ込むこともできます。

少し無理やり外すことになるので、

爪が折れる可能性があります。

外す際は自己責任でお願いします。

insertとNum Lockはよく押し間違えていた

キーボードによって多少配列が異なりますが、

今のキーボードではinsertとNum Lockをよく押し間違えていました。

この二つは一度押し間違って気が付かないでいると、

その後の文章入力時に大きな弊害が出るので、とても困っていました。

無効にすることも調べてみましたが、

あまりいい方法がなかったので、

今回強硬手段に出ました。

キートップを取り外すことで指で押せなくなるので、

押し間違いはなくなりました。

シン

キートップを外すことで問題のキーを押せなくなったので、

快適になりました。

キートップがなくても先端が尖ったものがあれば押せる

キートップを外すと指で押せなくなりますが、

たまに押したいときも、

先端が尖ったものがあれば押すことができます。

ノートパソコン備え付けのキーボードのキートップを取り外すときは注意

ノートパソコンに備え付けられているキーボードのキートップは取り外す際に注意が必要なようです。

構造上、スペースが限られているためか、爪が小さかったり、強度的に弱い可能性があるため、注意する必要があるようです。

すぐ裏に基板があったりもするので、そのあたりも注意が必要な気がします。

キーボードは埃だらけ

キートップを取り外して目の当たりにしましたが、

キーボードはとても埃が溜まりやすいです。

そのため、ついでにキーボードを掃除しました。

とはいえ、一個一個キートップを取り外すのも面倒なので、

ブロアーを使って空気を吹きかけて内部に溜まった埃を吹き飛ばしました。

僕はカメラ掃除用のブロアーを持っていたので、

それを使って吹き飛ばしました。

上のような手動のブロワーだと疲れるので、

スプレータイプもおすすめです。

あとがき

調べてみると、

レジストリやBIOSのやり方が見つかりましたが、

結局は押せなければ問題ないので

手軽な脳筋スタイルで解決しました。

参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村
ABOUT ME
shin
こんにちは!シンです。 関東在住の30代サラリーマン男性です。 本業はメーカーで設計をしています。 人生をより豊かにできるための情報を発信していけたらいいな、と思いブログを始めました。
スポンサーリンク