勝手に未来予想

未来の恋愛事情~勝手に未来予想~

こんにちは!シンです。

時代の移り変わりって早いですよね。

2010年代は今振り返るととても移り変わりが早かった気がします。

どうやら本によると、2020年代はさらに加速するようです。

シン

夢のような世界が待っていそうです。

テクノロジーの進化は現代の魔法のようです。

今回は本の内容を掻い摘んで、そこから妄想爆発した記事になります。

PVアクセスランキング にほんブログ村

結末を選択できる映画

シン

「2030年:すべてが「加速」する世界に備えよ」

という本には

結末を選択できる映画が出てくると書かれているよ

投資と縁遠い時間軸のシン

それじゃあ、同じ題名の映画を見たとしても、

見た人とで結末が変わってくるってこと?

シン

そうなるね

投資と縁遠い時間軸のシン

ゲームでも選択肢を選んで結末が変わるゲームあるよね

それに近くなる感じかな

シン

それをイメージするよね

投資と縁遠い時間軸のシン

それだと今までのゲームのアドバンテージがなくなるってこと?

シン

そうなる可能性もあるけど、

この技術が映画だけでなく、ARやVRにも使われるのも面白いのではないかと思う

疑似恋愛や教育分野の進化

投資と縁遠い時間軸のシン

具体的には?

シン

この技術はかなり汎用性が高いな、と思って、

ゲームもそうだけど、教育分野にも活用できるのではないかと思った。

ゲーム関係だと疑似恋愛のものができて、それをARやVR、もしくは

Google Glassに映し出して疑似恋愛ができるのではないかと思った。

基本的に恋愛では会話が重要視されるけど、それが映画の結末のように

変えることができるなら普通の会話も違和感なくできる時代がくるのではないかと。

その会話内容をVRなどの視覚情報に反映できれば、ほぼほぼ恋愛にならない?

投資と縁遠い時間軸のシン

それが進化していきハード面でロボットのものが追いつけば、

それをロボットに組み込むことでゆくゆくは五感で疑似恋愛もできそうだね。

シン

ハード面はまだ時間がかかりそうなので、

VRの方で体裁を整えておけば商品としては成り立っている気がする。

投資と縁遠い時間軸のシン

教育面は?

シン

同じように会話形式なら外国語の教育に使えるのではないかと。

今はネットを介して実際の外国語講師と会話して外国語を学ぶサービスがあるけど、

それをまるまる置き換わるイメージかな。

外国語はそもそも学ぶ必要がない時代が来そうだけど。

シン

あとは普通に子供教育のときの言語教育で使えば、

子供の内から多言語をマスターすることも難しくない気がする

外国語学習の重要性は低下したとしても、

生身で話せればそれに越したことはないし。

Google Glassが壊れたり、無くしたりすると一気に会話できなくなるのはリスクだし。

結局は全世界的に少子化へ加速する

投資と縁遠い時間軸のシン

以前も同じような記事書いていたけど、

このテクノロジーも進化していくと

少子化が加速していく?

https://shinshinlifeplus.com/future-marriage
シン

今もどんどん少子化に進んでいるよね。

中野信子さんの著書では2040年では独身率が約半数という風に書かれていたりするね。

その本での比率がテクノロジー込みの比率なのかは分からないけど、

どうあがいても日本では少子化の方向に進んでいくだろうね。

投資と縁遠い時間軸のシン

疑似恋愛が進化してくと、

その先には疑似子育てもできそうだね

シン

そうなると、結婚でしか得られない感動といったものも代替可能になってくるな

投資と縁遠い時間軸のシン

2021年現在で結婚できない理由としてお金の問題でできない人もいるし、

そういった人にとってはお金の問題が下がりつつ恋愛や子育てを経験することができると

考えると飛びつく人は出てきそう。

その他にも疑似恋愛などで心の充足感を満たせればそれでいいという人は今後出てきても

おかしくないかもね。

離婚の心配もないし、合理的に考える人にとってはデメリットがないと考えてもおかしくないのかな。

どうあがいても人類は衰退する?

投資と縁遠い時間軸のシン

実際に結婚をせずに子供も生まれなくなったら

全世界人口は右肩下がりになる?

シン

そのうち家族という体系がなくなるかもしれない

投資と縁遠い時間軸のシン

というと?

シン

遺伝子バンク(仮)が発展していき、そこに遺伝子を冷凍保存していて

その中から遺伝子が選択され子供が作られていくようなSF映画のようなことを想像してしまった。

そうすれば、家族という体系が減っていったとしても人類の数は一定数に保たれる。

正直、現代は人口増加や人口減少をコントロールできていないため、様々な問題が出ている。

投資と縁遠い時間軸のシン

食糧危機や、今後は水問題か。

人口をコントロールというと聞こえは悪いが、

そういった問題を解決するには人口の数をコントロールした方が

都合がいいということか。

投資と縁遠い時間軸のシン

あと、そこで生まれた子供は親のことを知らないまま育っていく?

仮にそれが発展していったとしても、昔ながらの家族や子育てを望む人もいるでしょう?

シン

なので、2極化していくのではないかと。

  1. 従来型の子育てをする家庭
  2. 遺伝子バンクを利用し、子孫を残しつつも
    「個」としての従来の生活を重視する人
投資と縁遠い時間軸のシン

遺伝子バンクで生まれた子供は親の顔を知らず

成長するというのも違和感あるな。

シン

それは僕らの時代では家族という体系で育つ人ばかりだから

その価値観で固定されているけど、

最初から家族という体系がないものとした時代で育てば

それが当たり前になって違和感は少なくなると思うけどな。

投資と縁遠い時間軸のシン

価値観は不変のものではなく、

時代とともに変化してということか。

シン

人口を管理すると怖い気もするが、管理せざるを得ない時代がくるかもしれない。

あとがき

久々に妄想爆発記事です。

テクノロジーの進化を考えると、

どうしても人口面では少なくなるのは避けられない

という想像に行きついてしまいます。

ブログを書いていて、

対話形式の方が読みやすいのではないか?と考え、

対話形式で書くことが増えました。

参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村
ABOUT ME
shin
こんにちは!シンです。 関東在住の30代サラリーマン男性です。 本業はメーカーで設計をしています。 人生をより豊かにできるための情報を発信していけたらいいな、と思いブログを始めました。
スポンサーリンク