~ちょっと人生にプラスになること~
お金

【Money】日経平均株価更新

 こんにちは!シンです。

 今回は日経平均株価更新という内容で書いていきます。

日経平均株価とは

 日経平均株価とは日本経済新聞社が東証1部に上場する企業の中から選んだ日本を代表する225社の平均株価です。

 日本の上場企業数は2020年5月末時点で3,822社となりますので、日経平均株価が上がったからと言って自分が保有する株価が上がるとは限らないことには注意が必要です。

約30年ぶりの高値

 その日経平均株価が約30年前につけた高値を更新しました。

 1991年11月5日以来です。

 バブル後最高値を約30年掛けてようやく超えたことになります。

 日経平均株価だけ見るとバブル崩壊の影響を今の今まで引きずっていたことになります。

 失われた30年と言われていたのにも納得ですね。

日経平均株価は更新したが安心はできない?

 日経平均株価は更新しましたが、安心はできないと思っています。

 約30年前と同等の株価になったと言われても納得できる人はほとんどいないのではないでしょうか。

 アベノミクスで経済成長したと強調されていましたが、実感なき経済成長などと揶揄されてこともあり、一般人にはピンとこないことが多いと思います。

 実際に世界中でコロナの影響がまだまだ続いています。

 ヨーロッパでは再度ロックダウンをしている国もあります。

 大統領選挙は終わりましたが、アメリカもコロナ収束の目途というのは全く立っていません。

 その中での日経平均株価は更新というのはいささか懐疑的に見ています。

少なくとも一旦は調整局面になる?

 今は大統領選挙で早期に決着がつきそうなのでその期待から相場が伸びているだけだと思います。

 世界中を見渡しても明るいニュースというのはほとんどありません。

 しばらくすると投資家も落ち着いて相場を見るようになります。

 そうなったときに少しでも懸念材料が発掘されれば調整局面に入る可能性が高いのではないかと考えています。

 節目となるのは年末年始辺りかと個人的には見ています。

まとめ

 11月に入って相場が上がっていますが、個人的には安心できないと見ています。

 特にこの1週間は上がりそうなので、この波に乗らないと!と焦って買ってしまうと高値掴みさせられる可能性も高いのではないかと思っています。

 僕はしばらくは市場を注視して様子を見ようと考えています。

 「休むも相場なり」という格言もあることですし、焦って売買しても経験上あまりいいことがなかったです笑

 あくまで「投資は自己責任」なので、そこを踏まえていい投資ライフを送ってください。

 最後までお読みいただきありがとうございました。

ABOUT ME
アバター
shin
こんにちは!シンです。 関東在住の30代サラリーマン男性です。 本業はメーカーで設計をしています。 人生をより豊かにできるための情報を発信していけたらいいな、と思いブログを始めました。