~ちょっと人生にプラスになること~
コラム

【転職】人間関係に悩んだら視野を広く【体験談】

 こんにちは!シンです。

 今回は「人間関係に悩んだら視野を広く」という内容で書いていきます。

 Googleで「人間関係+スペース」で検索して見るとアイキャッチの予測変換が出てきました。

 人間関係で悩んでいる人いうのがいかに多いかということが分かりますね。

 僕は転職をし、4月から新しい職場で働いています。

 転職理由に関してはまた別の機会に書こうかと考えていますが、転職を考えた理由の一つとして「人間関係」というのは挙げられます。

 人間関係で悩んでいる人というのは多いと思いますので、「人間関係を理由に転職」をした人間の体験談として参考になれば幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

人格歪んでて愚痴りまくっていた

 前職では同じ年の同期と定期的に食事に行ったりしていたときに

 「めちゃくちゃ愚痴ってました」(笑)

 今考えるとその同期もよく付き合ってくれてたな、と思います。

 聖人なんじゃないかと思います(笑)

 そのため、僕は人格が歪んでいました(笑)

 2019年~2021年2月まで歪んでました。
 (最近じゃないか)

転職後はどうなったか

 では転職してどうなったかというと、まだ1ヶ月も経っていませんが、今のところ人間関係に対する愚痴は全然出てきていません。

 「いい人多いんですよね」

 どんなところで「いい人」が多いと感じているかというと、

  • 丁寧
  • 敬意
  • 挨拶

 上記の3項目が「いい人」が多いと感じる要因です。

丁寧

 人への接し方がみんな「丁寧」です。

 「丁寧さ」というのは「表情」「言葉遣い」「態度」など全身で現れてくると思いますが、それらのレベルが高いと感じました。

 働く人が出す「表情」「言葉遣い」「態度」などは職場の環境や雰囲気によって染みついているのでなかなか変えることが難しいです。

 そのため、働く職場の合う合わないというのは残酷なことですが、最初のうちに決まってしまうのではないかと思います。

敬意

 これも「丁寧さ」と重なる部分が多いかもしれませんが、人と接するときというのは相手が年上だろうと年下だろうと「最低限の敬意」を持って接することがいかに大切かということが2回の転職を通して痛感しました。

 転職をすると年下の人に教えてもらう場面というのが何度も出てきます。

 年下と言えど、その会社で勤めた期間が長ければ「先輩」なので、知っていることが多いのは当然です。

 教えてもらうから敬意を払うという考え方は間違っていると思いますが、どんな人にも「敬意」を払うというのは人間社会で生きる上でとても大切なことだと感じました。

 前職では人によっては「敬意」の「け」の字も感じられない態度で来る人もいました。

 そういう態度で来られるとこちらとしてもいい気分はしませんし、後々の仕事にも影響が出ます。

 何もプラスになることはないです。

 対して今の会社ではきちんと「敬意」を払ってくれる人ばかりなので、こちらとしても気持ちよく仕事ができますし、「早く力になろう」という気持ちが生まれて職場全体としてもいい循環になっている気がします。

挨拶

 やっぱり挨拶です。

 人間社会で「挨拶」は大切なバロメータだと感じました。

 明らかに前職より気持ちよく挨拶する人が多いです。

 やっぱり気持ちが沈んでいたり、上手くいっていないときは「挨拶」って二の次になってしまうんですよね。

 よくないですが、自分自身がそうでした。

 そのため、きちんと挨拶ができる職場というのは「余裕があって職場環境がいい」という風に考えています。

 「挨拶は職場のバロメータ」

 なのかもしれません。

転職してよかった

 要するに転職してよかったです。
 (少なくとも今のところは)

 人間関係は働く上でとても大切です。

 どんなに給料がよくても人間関係が最悪なら続けられないですよね。

 人間関係が改善されただけでも「転職してよかった」と心底思います。

職場が変わればここまで人が変わる

 1つの職場しか見ていなかったときは気が付きにくいですが、今の職場がいい職場なのか悪い職場なのかというのが客観的に見れないということがあります。

 比較対象がないというのも原因のひとつですが、

 「客観的に見ることも、冷静に比較することもとても大切です」

 転職して思ったのは

 「環境が変わればここまで人間って違うんだな」

 ということです。

 今現在人間関係で悩んでいる人も外に目を向けたりして、視野を広く持つと新たな道が開けると思います。

類は友を呼ぶ

 結局は「類は友を呼ぶ」という言葉の通りなのかもしれません。

 もしくはいい行動をする人がいたとしたらその人に倣い、周りの人たちもいい行動をしていき正のスパイラルになるのかもしれません。

 悪い職場では悪い行動をする人の行動を倣い、周りの人たちも悪い行動をしていき負のスパイラルになっているのかもしれません。

不満に思うなら行動するべき

 現在の職場に不満があるなら解決方法はシンプルかつ1つしかありません。

 「行動する」

 これしかないです。

 愚痴っていても何も変わりません。

 正確には「愚痴ってもいいけど行動もするべき」だと思います。

あとがき

 今回は転職した後に感じた前職との違いでした。

 ずっと同じ環境下にいると分からなくなっていたりもしますが、冷静に見ると「かなりやばい」ということも大いにあったりします。

 今の環境に不満があるなら一度冷静に客観的に見つめ直してみて、それで納得いかなかったとしたら人生を好転させるために行動してみるのはどうでしょうか。

 僕は主体的に動くようになって人生が好転し始めていると実感しています。

 参考になれば幸いです。

 最後までお読みいただきありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村
ABOUT ME
アバター
shin
こんにちは!シンです。 関東在住の30代サラリーマン男性です。 本業はメーカーで設計をしています。 人生をより豊かにできるための情報を発信していけたらいいな、と思いブログを始めました。