~ちょっと人生にプラスになること~
コラム

【コラム】飲食店選びで困ったときに絶対に決められる方法【体験談】

 こんにちは!シンです。

 今回は「飲食店選びで困ったときに絶対に決められる方法」について書いていきます。

 内容としては非常にくだらないと思います(笑)

 恐らく女性だけのグループや知性の高い方たちの飲食店選びでは選択しない方法ではないかと思います。

 バカな男が集まった結果バカな方法で選ぶという形になりました。

 この方法を実践すれば飲食店選びで迷うことがなくなります。

なかなか難しい飲食店選び

 飲食店選びで悩んだ人はいないでしょうか。

 特に人数が多いと意見が分かれてしまうということになりえます。

 そういうときにこの方法を使えばどんなに意見が分かれようが、人数が多かろうが「必ず」飲食店を選ぶことができます。

絶対に○件目の飲食店に入る

 迷わない飲食店の選び方とは「絶対に○件目の飲食店に入る」です。

 〇に入るのは数字です。

 (例)「絶対に5件目の飲食店に入る」など

 この方法は前の会社で車で出張をしていたときに使っていた飲食店選びの方法です。

この方法でのポイント

 この方法でのポイントは以下の通りです。

  • 最初に決めた数字の飲食店には何があっても入る
  • 車の場合、反対車線の店は除外する
  • 追加ルールは認めない

最初に決めた数字の飲食店には何があっても入る

 このルールがすべてです。

 5件目と決めたら必ず5件目に入ります。

 たとえ5件目のお店を見て参加者全員が入りたくないと思っても必ず入ります。

 どんなに見た目がつぶれてそうなお店でも営業中なら入ります。

 例外はありません。

車の場合、反対車線の店は除外する

 車の場合、反対車線になるとUターンなどが面倒なので反対車線は除外とします。

 歩きでも大通りを挟んで道向かいにお店があったとしたら除外してもいいかもしれません。

追加ルールは認めない

 後出しで「実は苦手な食べ物がある」なども認めません(アレルギーなどは除く)

 先出しでも苦手の食べ物レベルなら認めません。

 苦手な食べ物を克服できるいい機会です。

とんでもない店に入ることになった

 この方法を使って入ったお店がとんでもなかったです。

 北関東を男4人で車移動していたときの飲食店選びの話です。

一見潰れているお店

 一見すると潰れているお店でしたが、奇跡的に営業していました。

 4人全員が声を発しませんでしたが、思いは一つでした。

 「入りたくない」

 でも入ります。

 ルールなので入ります。

お昼の時間帯でも人がいない

 入った時間帯はちょうどお昼の時間帯でした。

 しかし他にお客さんはいませんでした。

 その後も待てど暮らせど誰も入ってきません。

 不安しかありません。

 店内には謎のオブジェが置いてありました。

 しかもよく見ると値札がついています。

 全員、見なかったことにします。

肝心のお味は

 そのお店はうどん屋でした。

 個人的な経験上うどん屋で美味しくないお店に遭遇したことはありません。

 どんなに見た目が潰れていそうでも、中に謎のオブジェが大量にあったとしても味が良ければ問題ないはずです。

 出てきたうどんは、

 「何とも言えない不味さ」

 「微妙にすでにのびている」

 そもそもお昼の時間帯に誰もいない時点でお察しでした。

 その後このお店がどうなったかを知る人はいません。

あとがき

 今回は「飲食店選びで困ったときに絶対に決められる方法」について書きました。

 内容はとてもくだらないですが、参考になれば幸いです。

 この方法を使えば必ずすぐにお店は決まります。

 最後までお読みいただきありがとうございました。

PVアクセスランキング にほんブログ村
ABOUT ME
アバター
shin
こんにちは!シンです。 関東在住の30代サラリーマン男性です。 本業はメーカーで設計をしています。 人生をより豊かにできるための情報を発信していけたらいいな、と思いブログを始めました。