~ちょっと人生にプラスになること~
コラム

提案力を伸ばせば人生豊かになる話

 こんにちは!シンです。

 今回は提案力を伸ばせば人生豊かになる話について書いていきます。

 提案力って言ってもあまり聞きなれない言葉なのであまりピンと来ないと思います。

 意味としては漢字の通り、「提案する力」です。

 それを伸ばすと人生が豊かになる可能性があるというお話です。

提案力とは

 提案力とは先述した通り「提案する力」です。

 引いては単純にコミュニケーション能力と言ってもいいかもしれません。

 「優れた提案をすることで得をする可能性がある」ということです。

提案力の高い人が実際に行った例

 先日会った人から聞いた話です。

 その方は普段からよくランチを利用する行きつけのお店があったそうです。

 緊急事態宣言のときに飲食店が厳しい状況に陥ったときに店長さんにある提案をしたそうです。

 「1ヶ月1万円で毎日日替わりランチを用意してくれませんか」

 行きつけの顔なじみと言うこともあり、店長さんは了承してくれたそうです。

 10,000÷30≒330円

 1食約330円で昼食を食べられたことになります。

 店長さん曰く、「ほとんど利益が無かった」と語っていたそうです。

 それでもあの時期にこういう提案は飲食店としてはありがたかったのではないでしょうか。

この提案力の大事なこと

 さっき挙げた例で僕が大事だと感じたことをまとめてみます。

  • 提案を持ちかけた方(お店側)にも得があった(win-winな関係)
  • 普段から積極的に店長さんとコミュニケーションを取っていた
  • 提案力を普段から鍛えていた

 僕は「提案を持ちかけた方(お店側)にも得があった」ことが一番重要だと思いました。

 自分だけが得をする提案というのは提案力が高い提案とは言えないと思っています。

 大前提としてwin-winの関係が成り立つ提案をすることが大切です。

 2番目の「普段から積極的に店長さんとコミュニケーションを取っていた」ことも大切だと思います。

 とても優れたwin-winな提案だったとしても、初対面の人からいきなり提案されても承諾される確率は高くないでしょう。

 人間同士なので地道な関係構築というのも今回の提案が上手くいった要因だと考えています。

 3番目の「提案力を普段から鍛えていた」ことも優れた提案をするために必要な要因です。

 確認したわけではありませんが、その方は普段から常に提案の機会を伺っているのではないかと思いました。

 そうでなければ、例に挙げた提案は出てこないからです。

 普段からそういったアンテナを張っておくことで、提案力が鍛えられ、的確な提案をすることができると思います。

提案力を鍛えるには

 個人的にこの話を聞いて鍛えるために必要なこととしては「人の困っていることを解決する方法に気が付く」ことだと考えました。

 この場合の店長さんは「緊急事態宣言によって外出自粛の影響から売り上げが落ち込んで困っている」ことになります。

 そこで「売り上げを上げるための提案」をすれば、店長さんの困り事を解決することができることになります。

 もちろん、一人がもたらす売り上げでは不十分だと思いますが、困っていることを軽減することはできます。

 こういった人々の困っていることを解決する提案をしていけば提案力を鍛えることができるのではないかと考えています。

感想

 店長さんに提案した方の話を聞いたときは驚きました。

 それと共に自分自身も見習わないといけないな、と刺激を受けました。

 僕も決して提案力が高いわけではないので、こういった方の話を受けてこのブログで書くことで考えを整理し、次への一歩にしていきたいと考えています。

 新しいことをするというのは覚悟が要りますが、一歩一歩歩んでいけば着実に自分の目指すところに到達できると信じて活動していきたいと思います。

 また、活動するにあたって他人のペースに惑わされないことも大切だと感じました。

 人それぞれ自分に合ったペースというのは違うので、無理をして長続きしなかったら意味がないと思います。

 人それぞれペースが違えば、目標も違うので、自分のペースで着実に歩んでいくことが大切だと思います。

 最後までお読みいただきありがとうございました。

ABOUT ME
shin
こんにちは!シンです。 関東在住の30代サラリーマン男性です。 本業はメーカーで設計をしています。 人生をより豊かにできるための情報を発信していけたらいいな、と思いブログを始めました。
スポンサーリンク