コラム

【転職】転職活動で不利になること3選【体験談】

 こんにちは!シンです。

 今回は「転職活動で不利になること3選」という内容で書いていきます。

 最近まで転職活動を行っていたので忘れないうちに転職活動を通して感じたことを書いていきます。

 転職活動を行っていると「これって不利な要素だな」と感じることが出てきます。

 これは実際に転職活動を行わないと気が付かないことでした。

 今回はそのとき感じた体験談を基にした記事になります。

PVアクセスランキング にほんブログ村

転職活動で不利になること3選

 僕が転職活動を通して不利になると感じたことは以下の通りです。

  • 転職回数
  • 前回の転職からの期間が短い
  • 転職エージェント

転職回数

 転職回数が多いと確実に不利になります。

 エージェントから聞いた話ですが、実際に企業側としては「〇回以上の転職をしている人は断る」などのフィルターをかけている企業が存在します。
 (〇の中には数字が入ります)

 この場合、どんなにスキルが合致していたとしても自動的に弾かれるため、面接の場で弁解の余地すら与えられません。

 「日本はこれから雇用の流動性が高まる!」

 「これからはジョブ型雇用だ!」

 と思っていたとしても、採用企業側がその準備が整っていなかったとしたら意味がありません。

 残念なことですが、まだまだ日本では転職回数が多い人は不利に働いてしまいます。

前回の転職からの期間が短い

 前回からの転職期間が短いと不利です。

 僕は前回の転職から3年以内で今回転職をしました。

 そのため、企業によっては書類選考時に転職期間が短いということを理由に落とされたことがあります。

 面接に進んだとしても、面接時に転職期間が短いことについて詰められます。

 このときにきちんと転職理由を整理しておかないと突っ込まれたときにボロが出てしまいます。

 当然ボロを見抜かれると落とされます。

 そのため、転職期間が短い方は、転職理由をきちんと整理し、企業側が納得いく転職理由を用意しておく必要があります。

転職エージェント

 転職エージェントを使うことも場合によっては不利に働きます。

 その理由としては転職エージェントを通した転職活動は企業側としては非常にコストがかかるためです。

 その理由は企業側が転職エージェントを介して人を採用すると採用予定の方の予想年収約3割が成功報酬として転職エージェント側に支払われることになります。

 予定年収500万円の人を採用した場合、約150万円が転職エージェントに支払われることになります。

 これだけのコストがかかるということは、企業側も採用に慎重になります。

 実は今回の転職活動では最終面接合格から内定まで時間がかかっていました。

 正確な理由は分かりませんが、エージェント曰く、「コストのかかるエージェント経由の採用では慎重になる企業がある」ということを聞きました。

 ただし、不利に働いたとしても転職エージェントを使った転職活動はおすすめです。

あとがき

 今回は「転職活動で不利になること3選」というテーマで書きました。

  • 転職回数
  • 前回の転職からの期間が短い
  • 転職エージェント

 「転職回数」は気が付いたら多かった、ということがあるので転職は慎重に行うことをおすすめします。

 ただし、転職には年齢も深く関わってくるため、年齢とのバランスを取って転職活動を行っていくことも大切だと思います。

【コラム】転職活動をしてみて感じたこと3選【体験談】

こんにちは!シンです。  今回は「転職活動をしてみて感じたこと」について書いていきます。  僕は2回の転職活動を行いました。  日本でもだいぶ転職をする人は増えてきた印象ですが、まだまだ縁遠い人も多いと思います。  そんな中、2回の転職活動を通して、1社しか経験したことがない人が無意識に行っていることや行わされている危険なことについて僕なりにまとめました。 …

 参考になれば幸いです。

 最後までお読みいただきありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村
ABOUT ME
shin
こんにちは!シンです。 関東在住の30代サラリーマン男性です。 本業はメーカーで設計をしています。 人生をより豊かにできるための情報を発信していけたらいいな、と思いブログを始めました。
スポンサーリンク