投資日記

【体験談】満たされた環境では資産が増えない話~シンの投資日記17~

 こんにちは!シンです。

 今回は「満たされた環境では資産が増えない話」という内容で書いていきます。

 あくまでイチ体験談なので、全部が全部当てはまることではないことはご承知おきください。

 僕は現在投資によって約1,000万円(含み益含む)増やしています。

 投資を始めたきっかけは

 「 帰省の交通費がキツイ
   →よし!投資をしよう! 」

 という変態的な思考回路で投資を始めました。

 新卒の給料で年末年始の帰省の交通費ってかなりキツイんです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

1回の帰省で往復7万円

 僕の実家は九州なので、帰省するためには飛行機に乗る必要があり、年末年始の飛行機代はとても高いです。

 大体往復6~7万円掛かります。

 この金額は正直今でも楽ではないです。

 なんとかして飛行機代を抑えたいと考え調べてみると、航空会社の株を保有すると国内線を半額で乗れる「株主優待券」なるものがもらえることを知り、ANAの株を買ったことからスタートしました。

 その後ANAの優待条件が改悪されたりしているので、買った当時より使い勝手は悪くなっています。
 (もうANAの株は持っていませんが)

 ANAの株を購入後も株主優待券に興味を持ち、株主優待券を発行している株を数社買ったりしました。

上京して一人暮らしをしていなかったら投資は始めていない

 このようなきっかけで投資を始めたので、上京していなかったら投資は始めていなかったと思います。

 関東に実家がある友達は社会人になっても実家から通えたりして家賃が浮いたりしていて羨ましかったですが、人間は自分の置かれた状況なりに考えたり、調べたりするもののようで、

 帰省せざるを得ない状況だったからこそ、今日の僕があると考えています。

実家暮らししていた場合より資産は増えている

 仮に就職を地元で行い、実家から通勤していた状況だとして、家賃などが浮いていたとしても現在の僕より資産が少なかったと考えています。

 その根拠としては以下のことが考えられます。

  • 投資はしていなかった
  • 車を所有しているはず
  • お金についての知識が育たなかった

投資はしていなかった

 僕が投資を始めたきっかけは「帰省の交通費が高い」ことだったので、実家暮らしを続けている時点で投資は始めなかったと思います。

 そうなると、就職後の約10年で僕が投資で増やした1,000万円分を賄えていたかというとそれは可能性として低いと考えています。

 地方で実家暮らしというのは単純に家賃分を浮かせられるわけではなく、後述する車が関係してきます。

車を所有しているはず

 僕の実家は九州の田舎なので一家に一台どころか一人一台レベルで車を所有しているのが普通な車社会です。

 そうなると、車の代金や、維持費などが重くのしかかってきます。

 そのため、僕は単純に「地方移住は生活費が抑えられる」という意見に疑問を持っています。

お金についての知識が育たなかった

 「投資を始めなかった」「衣食住の保証された環境下」ではお金について考えていなかった思います。

 そういう状況で資産を増やせるとは到底思えないので、今より資産額は少なかったと考えています。

 実家暮らしということで、日々の生活費は抑えられていたかもしれませんが、長い目で見たときに日々の生活費が高くなりがちな一人暮らしを送っていたほうが資産額が多くなっていたというのは変な話かもしれません。

与えられていては考える力が育たない

 実家暮らしというのは「衣食住」が満たされた楽園のような環境です。

 ただ、「衣食住」などを保証された環境下では何も考えずとも生活できるため、考える力というのは育たないと考えています。

 実際に僕の妹はずっと実家暮らしですが、お金に関することは面倒なようであまり考えることをしたくないようです。

可愛い子には旅をさせよ

 「可愛い子には旅をさせよ」というのはよくできた言葉だと思います。

 過保護に守っていても長い目で見ると本人のためにならないという言葉ですが、その通りだと思います。

 無人島に行かせる状況で大量の食糧を渡しても仕方がないです。

 ナイフ一本を渡して生き抜く術を教える方が確実に長生きできますし、本人のためだと思います。

 このあたり本当に妹は過保護に育てられているので、何度か親に言ったりもしましたが、全然聞く耳を持ってくれません(笑)

世界は広い

 投資を始めてもう少しで10年が経ちますが、投資を始めたことで世界が広がりました。

 「お金を働かせて増やす」ということも体験することができましたし、投資を通して様々なことを勉強することができました。

 最近では投資をしている人とも繋がることができ、学生時代の友達とはできない投資の話をすることもできています。

 投資をしていなかったら確実に今より狭い世界で生きていたことでしょう。

あとがき

 今回は「投資を通して体験したこと」について書いてみました。

 昔よりも1家族あたりの子供が少なくなっているので、過保護な家庭が多くなっているかもしれません。

 昔は子供が多かったため、ほったらかしで育った子供も多かったようです。

 うちの両親は兄弟が多かったのでたまにそういった話を聞いた記憶があります。

 そんな経験していますが、妹は過保護です(笑)

 参考になれば幸いです。

 最後までお読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村
ABOUT ME
shin
こんにちは!シンです。 関東在住の30代サラリーマン男性です。 本業はメーカーで設計をしています。 人生をより豊かにできるための情報を発信していけたらいいな、と思いブログを始めました。
スポンサーリンク