~ちょっと人生にプラスになること~
投資日記

【資産0から10年で純資産3,000万円への道】新社会人だったときの自分へのアドバイス【アッパーマス層/保険/クレジットカード/投資/副業なし/平均的な年収】~シンの投資日記19~

こんにちは!シンです。

今回は

新社会人だったときの自分へのアドバイス

という内容で書いていきます。

新社会人だったころの自分は

右も左も分からない鼻たれ小僧

だったので、

今考えると

見ていて不安な部分が多かったです。

僕は社会人11年目のとき

平均的な年収/副業なし/資産0の状態から純資産3,000万円を突破し、

アッパーマス層に入りました。
(遺産相続などは一切していません)

今振り返ると当時は

無駄もかなり多く

今回の記事では

今、新社会人だった自分がいたとした場合

その自分へ向けて資産を形成するためのアドバイス

を書いていきます。

当時の自分がこれを素直に聞いたら

時代の流れも合わせて考えると

10年以内に副業なしで3,000万円の資産を突破できる

かもしれません。

10年前のシン
PVアクセスランキング にほんブログ村

家計簿をつけるべし

10年前のシン

家計簿なんてめんどくさいわ

現在のシン

面倒なことでも蓄財をしていきたいなら
避けては通れない道ばい

収支の把握無くして蓄財なし!

それに

収支の把握こそ蓄財の根幹を為す超重要要素

だけんね

10年前のシン

毎日つけるのキツイわ

現在のシン

レシートをためといて

1週間に1回くらい

でよかばい

10年前のシン

それでもイヤやわー

現在のシン

蓄財の第一歩は家計簿!

Excel引っ張り出して

家計簿つけるばい!
(当時は便利な家計簿アプリがなかったので)

蓄財の基本は収支の把握

蓄財の基本は

収支を把握する

ということは、

自信を持って言うことができます。

いかに年収が高い人でも貯金できていない人もいますし、

そういった人は確実に収支が把握できていません。

平均以上の蓄財をしたいならば

避けては通れない手間

だと考えています。

上の会話の中ではExcelでつけると

書いていますが、

今では便利な家計簿アプリがあるので

それを利用するのが

いいかと思います。

その中でも

マネーフォワードME

僕も使っていますが、

無料とは思えないほど

機能が充実しています。

家計簿をつけよう!蓄財の第一歩
  • 家計簿をつけるべし
  • 今はマネーフォワードMEなどの家計簿アプリがおすすめ

民間の医療保険、生命保険、個人年金には入るな

現在のシン

個人的にはこれが一番ムダ金だったと思っとるばい

医療保険+個人年金=約20,000円/月

20,000円×12ヶ月×10年=2,400,000円

この金額を結局ドブに捨てた

これを投資に回していたらもっと資産形成のスピードは速まってた

10年前のシン

保険は入った方がいいんじゃかなと?

現在のシン

民間の保険は入らんでよか

10年前のシン

みんな入っとるばい

現在のシン

みんなが入っているからと言って

必要かどうかは

また別の話ばい

10年前のシン

それでも不安やん

病気やケガしたときを考えると

必要じゃなかと?

現在のシン

公的の健康保険に入っているからそれで十分

保険適用内ならどんなに高い手術や治療であっても

月額約10万円

で治療を受けられるばい
(高額療養費制度)

10年前のシン

でも個人年金は必要やろ?

老後は年金がもらえんとか聞くし、不安ばい

現在のシン

個人年金も必要なかばい

個人年金は結局保険会社を通した

利率の悪い投資信託

みたいなもんだけん

現在のシン

要は老後資金が足りなくなるかもしれないから

お金が必要なんやろ?

10年前のシン

そうね

現在のシン

それならお金を増やす方法は

個人年金なんて

効率の悪い方法でなく、

自分で投資すればよか

10年前のシン

投資って怖かばい

現在のシン

投資もきちんと理解して始めれば何も怖くなかばい

みんなよく分かってないから過剰に怖がっとるだけやけん

詳しく後で説明するけんね

10年前のシン

投資で老後資金を確保するなんて発想なかったわ

現在のシン

堅実な投資をすれば何も怖がる必要はなかばい

10年前のシンはまだ知らんと思うけど、

2019年には老後資金が2,000万円必要

ということが話題になって
デモまでするくらい大騒ぎになるけんねー

10年前のシン

2,000万円!?

そんなん無理やん!

現在のシン

2,000万円はあくまでひとつの指標だから

みんなが2,000万円必要か?

と言われたらまた別の話ばい

それに現に僕でも平均的な年収で、
投資素人状態から

11年で2,000万円どころか3,000万円を超える資産

を作ることができたばい

2,000万円だけなら10年かかっとらん

10年前のシン

12年で3,000万円!?

10年後の僕が言うならそうなんか

現在のシン

ただし、家計簿を始め、投資の勉強など面倒なことは数々せな無理やぞ

普通に貯金だけしてたら平均的な年収でこの期間ではこれだけ増やせんかった

10年前のシン

家計簿・・・

結局、最初に戻るんか

現在のシン

何事も楽してお金を増やすことはできんてことばい

もし楽して儲かるなんて話があったとしたら

それは十中八九詐欺だけんね

民間の保険は必要ない?

保険会社は

がんは2人に1人

ということを強調していますが、

20代、30代のがん罹患率は低いです。
(詳しくは国立がん研究センターHPに公開されています)

https://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/stat/summary.html

がんの平均治療費も約115万円となっています。

決して安くはないですが、

高くもない金額です。

保険という病気にならないと使えないお金よりも

何にでも使える普通の貯金の方が

使い勝手は確実にいいです。

それに保険に入ったからと言って

病気にならないわけではない
病気が確実に治るわけではない

ということは改めて認識しておいた方がいいです。

保険で賄えるのは

お金だけです。

個人年金に関しても

20代、30代の方に関しては

保険会社なんかに頼らずに堅実な投資先として

インデックス投資を30年続ける

だけで解決します。
(投資先は後述します)

そういった知識がない若者から搾取する構図が

今の日本には出来上がっています。

民間の保険は必要ない!蓄財の第二歩
  • 医療保険は公的保険で十分
  • 万一のときも高額療養費制度と傷病手当金(会社員のみ)を活用しよう
  • 老後資金はインデックス投資を自分で行い、対策する

現金を使うべからず

現在のシン

クレジットカードは作った方がよかばい

10年前のシン

クレジットカードなんて怖いわ

借金して破産するわ

現在のシン

また先入観でものを言う

10年前のシン

だってクレジットカードは怖いてよく聞くばい

現在のシン

クレジットカードもしっかり理解して使えば何も怖がる必要はなかばい

料理で必須の包丁と同じばい

包丁だってしっかり使い方を知れば何も怖がる必要ないのと一緒や

10年前のシン

包丁と一緒にすんな

現金の方が安心や

現在のシン

10年後の僕はほとんど現金使ってなかばい

なんなら早く現金なくなって欲しいと思っとるくらいや(笑)

不衛生やし、かさばるしでメリットがなんもない

10年前のシン

現金をほとんど使わなくていい世界なんて想像つかんわ

現在のシン

その現金を使う頻度を格段に減らしてくれる魔法のカードがクレジットカードや

10年後はもっと現金を使わない支払方法が増えてるけんね

10年前のシン

それでもやっぱり怖いわ

お金を使ってる感覚がなくなるわ

現在のシン

確かに使ってる感覚がなくなるから支出が多くなるという人もおるけど、
そのために家計簿をつけるんや

家計簿をつけておけば
きっちりと支出を把握できるから
使いすぎることがない

10年前のシン

ここでも家計簿が出てくるんか

現在のシン

最初に言った通り、支出を把握するための家計簿は
蓄財の根幹を為す超重要要素ばい

10年前のシン

一言にクレジットカードと言ってもたくさんあって何がいいのか分からんばい

現在のシン

楽天カードでよかばい

現在のシン

楽天カードは

  • 年会費無料
  • ポイント還元率1%
  • VISA、mastercardの国際ブランドが選べる
10年前のシン

楽天カードと年会費無料は分かるけど、ポイント還元率ってなんね?

VISAやmastercard?国際ブランドって?

現在のシン

ポイント還元率は買った金額の内設定された還元率がポイントしてもらえるばい

楽天カードの場合は1%だから、

1万円使ったとしたら100ポイントを楽天ポイントとしてもらえるということばい

クレジットカードを使えば同じものを買ったとしても現金より1%分お得ってことやね

現在のシン

VISAやmastercardは一言で言うと使える場所のことばい

お店のレジ付近にVISAやmastercardのマークがついてるの見たことあるやろ?

クレジットカードにも同じマークがついてて、

クレジットカードと同じマークがレジにもあったらそのお店では使えるということばい

国際ブランドは何種類もあるけど、大体VISAかmastercardでよかばい

現に僕もVISAの楽天カードがメインカードだけんね

Mastercard(マスターカード)とは?Visaとの違いを比較
出展:三井住友カード
10年前のシン

これなら見たことあるばい

10年前のシン

ということは、とりあえず最初のクレジットカードとしては

VISAかmastercardの国際ブランドにして年会費無料の普通の楽天カードにしておけばええってこと?

現在のシン

そうばい

楽天カードにはVISAとmastercardの他にJCBもある

JCBは日本国内で使う分には問題ないけど、海外旅行とかで海外に行くと使える場所が限られてくるからあまりおすすめしない

現在のシン

あとはしっかり家計簿をつけることも忘れないように

クレジットカードを作ろう

クレジットカードを使うメリットは他にも様々あります。

  • 現金をATMから降ろす機会が減るため、無駄な手数料を払う機会が減る
  • 還元されるポイント分現金よりお得

堅実な使い方をすれば

クレジットカードはメリットが多いため、

これを利用しない手はありません。

堅実に使うためにも家計簿も一役買ってくれます。

現金を使うべからず!蓄財の第三歩
  • クレジットカードを使おう
  • クレジットカードは1回払いで使えばポイントがもらえる上にデメリットがほぼない
  • 最初のクレジットカードは「楽天カード」がおすすめ
    国際ブランドはVISA

投資をすべし!

10年前のシン

出た、投資

投資や株なんてクレジットカードとかとは比べ物ならないくらい怖いわ

現在のシン

株が怖い怖い言うけど、自分が今働いてるとこはなんていうとこや?

10年前のシン

株式会社です

現在のシン

株が怖いのに株式会社に勤めているのも変な話やろ?

本当に株が怖いと考えているなら民間企業に勤めずに公務員になるべきばい

10年前のシン

だって株を持ってると価値が下がるかもしれんやん

現在のシン

確かに下がる可能性もあるけど、上がる可能性も秘めているのが、株ばい

それにきちんと投資先を選定しておけば長期的に見て上がる可能性が高いものもちゃんとあるけんね

現在のシン

そもそも資本主義社会の中で株は富の源泉の象徴ばい

平均的な年収で10年以内に
3,000万円以上の資産を築くには
投機が必要

平均的な年収で10年以内に3,000万円以上の資産を築くには

投機(ギャンブル要素が強い投資)が必要でした(僕の場合は)。

後述するインデックス投資で行ければいいのですが、

平均的な年収で副業なしではどうしても入金力のパワーが足りません。

また、投機は時代の流れに乗る必要だと感じました。

また、投機は

万人が成功できる方法ではないため、

大きな声でおすすめすることはできませんが、

会社を見る目を養うことができたり、

資産額の増減以外にもメリットはあります。

そのため、資産額の少ない割合で個別株に投資をしてみることも勉強になります。

僕は個別株に投資する際に

四季報を重視しているため、

会社四季報の達人が教える10倍株・100倍株の探し方

という本はとても参考になりました。

シンの投資日記11~バリュー株投資を行う上で大切なこと~

こんにちは!シンです。  今回は「バリュー株投資を行う上で大切なこと」という内容で書いていきます。  僕は日本の個別株を主軸に長年投資をしてきました。  その中でも投資手法としては「バリュー株投資」です。  実際にその投資方法で何倍にもなった株も何社か見つけました。  しかし、結果だけ聞くとよく聞こえがちですが、楽ではないことについて書いていきたいと思います。 …

平均的な年収では10年以上かかるかもしれないが、
インデックス投資で増やすことはおすすめ

前述の投機はリスクが高いため万人にはおすすめできませんでしたが、

投資の王道と言われている

インデックス投資は万人におすすめすることができます。

インデックス投資は

大きく勝つことはできませんが、

大きく負けることもない

比較的低リスクな投資手法です。

僕は毎月

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

という投資信託を買っています。

これはアメリカの指標であるS&P500に

連動するファンドになります。

世間一般的には

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)

の方が人気のような気がしますが、

これは好みの問題なので

正直どちらでもいいと思います。

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)も

全世界とは書いてありつつも

中身は6割くらいはアメリカに投資しているので

どちらも大きく投資方針に違いはない気がします。

投資先としてアメリカは外せない

インデックス投資でもアメリカを中心におすすめしていましたが、

それ以外のETFなどの投資もアメリカはおすすめです。

アメリカは先進国の中でも

これからも人口が増加する国であり、

投資先として非常に魅力的です。

日本よりも長い目で見ると上がる可能性が高く

投資先としての安心感があります。

過去10年のS&P500のチャート 出展:SBI証券

上記のチャートはS&P500の10年チャートですが、

きれいな右肩上がりです。

今後も続く保証はありませんが、安定感があります。

そういう意味では初心者向けかもしれません。

そのため、VOOなどのETFも

非常に魅力的な投資対象

だと考えています。

為替リスクなどもありますが、

それを差し引いても

余りある魅力が

アメリカにはあります。

住信SBIネット銀行を使えば円からドルに換える際の

為替手数料を抑えることができます。

具体的には住信SBIネット銀行の外貨積立を利用することで

業界最安値の1ドルあたり2銭という手数料でドルに換えることができます。

出展:住信SBIネット銀行

以下の本はアメリカへの投資を考えたときに参考になった本です。

仮想通貨には投資しない

僕は今のところ仮想通貨は

投資対象としていません。

理由としては

  • ボラティリティ(価格変動率)が高い
  • インカムがない
  • 整備されておらず、一部の影響力のある人の発言で価格が大きく変動する

というのが主な理由です。

特に最近のビットコイン市場は過熱感があり、

値動きが激しすぎると感じています。

投資をすべし!蓄財の第四歩!
  • 投資は資本主義社会の富の源泉
  • 万人におすすめはできないが、平均的な年収で10年で3,000万円の資産を築くには
    投機(ギャンブル要素の強い投資)が必要

    →節約だけでは限界がある
  • 10年以上はかかる可能性が高いが、
    インデックス投資や米国ETFへの投資はおすすめできる
  • 個人的に仮想通貨への投資は消極的

あとがき

今回は

新社会人の僕がいたとしたら現在の僕がどのようなことをアドバイスするかということ

を中心にまとめた記事になります。

最後の投資に関してはハードルが高いかもしれませんが、

蓄財の第三歩までのことは

動けばすぐにでも結果が出るので

必ずすることをおすすめします。

参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

ABOUT ME
shin
こんにちは!シンです。 関東在住の30代サラリーマン男性です。 本業はメーカーで設計をしています。 人生をより豊かにできるための情報を発信していけたらいいな、と思いブログを始めました。
スポンサーリンク