投資日記

シンの投資日記8~FIREを目指すにあたっての落とし穴?~

 こんにちは!シンです。

 今回は「FIREを目指すにあたっての落とし穴?」について書いていきます。

 FIREを目指す人というのは少しずつ増えてきていて、そういう方とSNSを中心として意見交換できているのは非常に勉強になることが多くて助かっています。

 そんな中、FIREを目指す一人として、FIREを目指す上で落とし穴になりうるのではないかということがあったので書いてみました。

FIREとは

 この記事で初めてFIREという言葉を聞いた方に簡単にFIREについて簡単に説明します。

 FIREとは、日本語で言うと「早期リタイア」や「セミリタイア」という言葉で表現されます。

 定年まで働かずに比較的に若い年代で会社員などを辞めて、自分の好きなことに時間を使うという生き方です。

FIREを目指す人の特徴

 これは僕が個人的に感じたことですが、FIREを目指している方には以下のような特徴があると感じています。

  1. 真面目
  2. 慎重
  3. 先のことをよく考えている

 とても日本人的な人が多いと感じます。

 これは悪いことではないと思いますし、むしろいいことだと考えています。

 今回感じたことでは特に②や③という要素が強いと落とし穴に落ちうるのではないかと考えました。

慎重になり過ぎてFIREできない

 これは非常に陥りやすいと考えています。

 というよりいざ目標金額に到達してFIREに踏み切れるかどうかというのは未知数です。

 FIREはあまり前例がないために不安要素を考えれば考えるほど出てきます。

 FIREを実行する時期に来たら慎重さの裏に大胆さや思い切りというのも大事になってくると思います。

若い時期に我慢しすぎる

 FIREを目指すには莫大な資産が必要になります。

 1日でも早くFIREを目指すなら支出を見直す必要があります。

 支出を見直していくと必要以上に我慢しているという場面が出てくると思います。

 「資産を貯めたいから旅行を諦める」「大事な友達との会食を制限する」など、一見支出を抑えるためには有効かもしれませんが、お金とは別の大切なものを失っているかもしれません。

旅行に関して

 旅行に関しても若い時期に行く場合と、年を取ってから行くのとでは意味合いが変わってくると思いますし、もしかすると年を取ってからでは行けないということになっているかもしれません。

 そうなってから後悔しても遅くなってしまいます。

友達との付き合い

 友達との付き合いに関しても「いつでも会えるから今回はパス」ということを繰り返しているといざ会いたいといったときには会えないということにもなりえます。

 その時々の時間の使い方というのはお金には代えられないです。

 以前こういった記事を読みました。

29歳で貯金が1000万に達した総合職女子の憂鬱「友人も恋人もいない」 | bizSPA!フレッシュ

コロナの第3波が到来。仕事が減ったり失業して、お金のことで悩んでいる人も多いのではないでしょうか。そんななか、 銀行で総合職として働く鮎川マナミさん(仮名・29歳) は趣味も特技も「貯金」だと豪語する倹約女子。貯金額はなんと約1000万円に達するとか。 …

 1,000万円というお金を貯めるにしては失うものが多すぎたな、と感じました。

我慢しすぎず、その時々に価値を感じたものには積極的に投資していくべき

 FIREを目指していくとどうしても我慢しすぎる現象に陥りがちと書きました。

 やはり若いときにしかできないことというのが多いのはあると思いますし、そのことに気が付くのは往々にして失ってからになります。

 そうなってから後悔するのではなく、価値を感じたものには積極的にお金や時間を投じていくべきだと思います。

 ただし、その辺りの線引きというのは難しいと思いますので、しっかりと考えてから大切なお金や時間を使っていきたいですね。

あとがき

 今回は「FIREを目指すにあたっての落とし穴?」について書きました。

 自分含め、慎重な人が多いと思いましたので書いてみました。

 お金は大切ですが、若さや時間というのはそれ以上に大切なものだと思います。

 FIREを目指していると資産を増やすことばかりに目が行きがちですが、もっと俯瞰して物事をみて取捨選択していきたいです。

 参考になれば幸いです。

 最後までお読みいただきありがとうございました。

ABOUT ME
shin
こんにちは!シンです。 関東在住の30代サラリーマン男性です。 本業はメーカーで設計をしています。 人生をより豊かにできるための情報を発信していけたらいいな、と思いブログを始めました。
スポンサーリンク